NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

これは同じ種?別の種類?よく見かけるカモメたちの見分け方

日本のように国土が南北に長細く、どこにいても海が近いニュージーランドでは、沿岸に暮らす海鳥たちともよく出会う。特によく見かけるのは、何と言っても「カモメ」くんたちだろう。NZ旅行をされた方の中にも、海沿いの街でフィッシュアンドチップスを食べていたら、気が付いたらカモメに囲まれていた・・!なんて経験をした方もきっといるはず(笑)。

さて、そんな身近なカモメたち、よーく見てみるとちょっと色や大きさが違うことに気が付くはずだ。そこで今日はNZでよく見かけるカモメ3種類を紹介してみよう。「これとコレ、別種なの?」「この2羽が同じ種??」なんて、今まで気が付かなかったちょっとした驚きがあると思う。

ニュージーランドでよく見るカモメは3種類!

NZで見かけるカモメたち
NZでよく見かけるカモメたち

.
NZのどの町でも(内陸の町でさえも!)見かけると言っていいカモメ。英語ではSeagull(シーガル)と呼ばれ、代表的なのは3種類が知られている。

  1. Red-billed gull (アカハシギンカモメ)
  2. Black-billed gull (ハシグロカモメ)
  3. Southern black-backed gull(ミナミオオセグロカモメ)

どれもちょっとややこしい色カタチをしているので^^;、次項でそれぞれの見分け方を見てみよう。

赤いくちばしと黒いくちばし。

まずはred-billed gullとblack-billed gull。名前もそのまま、赤いくちばしと、黒いくちばしが特徴的だ。

redとblack billed gull
redとblack billed gull

.
海辺の公園なんかでよく見かけるこの2種類だけど、よーく見てみるとたいていは赤い方ではないだろうか?

赤はNZ全土にいるが、黒いほうは主に南島に生息。
黒は「Endemic (NZ固有種)」でもあって世界的には珍しいので、出会ったら写真にとってあげよう。

また、「カモメなんてどこにでもいるよね~」なんて誰もが思うところだけど、黒いクチバシの方は近年激減しているらしく、なんと環境省のデータでは「Critically Endangered(絶滅危惧種)」に指定されている。これは飛べない鳥・カカポと同じステータスだ。

一回り大きなカモメ、ミナミオオセグロカモメ。幼鳥と大人の違いに注目!

black-backed gull
black-backed gull by Flicker

.
もう一種類、赤と黒のカモメよりも一回り以上大きなカモメがいる。Southern Black-backed gull(ミナミ大セグロカモメ)だ(※Kelp Gullともいう)。僕の住むオークランドでは、シティど真ん中のビル群の間を飛んでいるのを見かけるくらい、ヒトの生活空間でも苦にすることなく暮らしている。

このセグロカモメは、幼鳥期の姿が大人と全然違うのが特徴的だ。僕も最初のころはまったくの別種だと思っていたら、図鑑に「茶色い個体はimmature(幼鳥)」と書かれていてびっくりした覚えがある。下の写真を見てもらえれば、その違いは一目瞭然。

black-backed gullの大人と幼鳥。こんなに違う!
black-backed gullの大人と幼鳥。こんなに違う!

.

ビーチに成鳥と幼鳥が隣同士でいることも多く、別種だと勘違いしていた方も多いだろう。
この茶色い羽は、生まれてから約3年をかけて換羽をし、白黒の成鳥へと変化していくそうだ。

black backed gullの成鳥と幼鳥 by Flicker

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUT THE AUTHOR

園芸/造園/コラム外山みのる
ニュージーランド在住。20歳でNZワーホリ後、海外自転車旅や山小屋バイト等を経て再びNZへ。お仕事は園芸や造園、コラム執筆等。

コメントはこちら

*

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

マフランギ自然公園

オークランド近郊でキャンプをしよう。【マフランギ自然公園】のテント泊レポ

ぼくがまだ東京で仕事をしていたころ、よく神奈川の丹沢にキャンプをしに出かけていた。仕事がおわってすぐにテント場に向えば、夜の8時には山の中に張ったテントの中で紅茶をすすることができる。その手頃さが良くて、何度もただただテント泊をしたいがため...
NZ入国。100人並んだ税関で、なぜ僕だけ別室検査になったのか。

NZ入国。100人並んだ税関で、なぜ僕だけ別室検査になったのか。

ニュージーランド旅行の際、入国時の”最大の難関”となるのが税関手続きだろう。税関とは入国審査をおえた後の、持ち物検査などがある場所のこと。僕はNZ入国のときはいつもあそこでひっかかってしまう。 前回ニュージーランドに入国したときも、やっぱり...
ちょっとほっこりムービー。助けてもらったブルーペンギンがビーチに戻されると・・

ちょっとほっこりムービー。助けてもらったブルーペンギンがビーチに戻されると・・

漁網に絡まってケガをしているところを助けられた、一羽のブルーペンギン。 6日間の治療をしてもらい、エサをたっぷりもらって、やっと自然に帰る日がやってきた。 環境省の職員の手からビーチに下ろされたブルーペンギンは、名残惜しそうに、時々振り向き...
運がよければ街中でも!?ニュージーランドでいちばんド派手な野鳥を探そう!

運がよければ街中でも!?ニュージーランドでいちばんド派手な野鳥を探そう!

ここニュージーランドの鳥たちと言うのは、おしゃれに気を使わないというか、はっきり言うと地味な鳥が多い。『NZの鳥たち』と言う名の塗り絵がもしあれば、おそらく茶色を基本として、白と黒、たまに緑色でほとんどの鳥の色は塗れてしまうのではないだろう...
リトルバリア島

”ニュージーランドの箱舟”・リトルバリア島って!?島の最新映像が生き物の宝庫!

ニュージーランドには、ガイドブックにも載らず、一般の観光客どころかキーウィ(NZ人)にさえほとんど知られていない大きな島がある。 それは、北島北部にある「リトルバリアー島」という島だ。 ここは特別な許可証をもった研究者や環境省の職員しか立ち...
【ヌーディスト・ビーチ】 ナチュリズムの聖地。NZ・オークランドにあるヌーディストビーチ・リスト

【ヌーディスト・ビーチ】 ナチュリズムの聖地。NZ・オークランドにあるヌーディストビーチ・リスト

ニュージーランドのオークランドは同国最大の人口を抱えつつもたくさんのビーチに囲まれている海の街だ。ビーチの近い大都市と言えば、たとえばお隣のオーストラリアなどには有名なヌーディストビーチがいくつもあるものだが、さてここオークランドはどうだろ...
Return Top