NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

ニュージーランドで生のキーウィをほぼ確実に見る方法はこれ!!

ニュージーランドで生のキーウィをほぼ確実に見る方法はこれ!!

ニュージーランドの国鳥・キーウィを、旅行中になんとか一度は目にしておきたいという方は多いと思う。でも、NZの動物園にある「暗室=キーウィハウス」で30分粘っても一羽も見れなかった・・なんて話はよく聞くし、見れたとしても「暗闇で動く毛玉」くらいにしか分からなかった・・(苦笑)なんて、もはや笑い話のような体験談も聞こえてくる。

そこで、この記事では「どこへ・どのタイミングで行けば確実にキーウィが見られるのか」の問いの僕なりのベストな回答を書いてみたい。キーウィを飼育している動物園や施設はニュージーランドにたくさんあるけれど、アクセスが割とよく、入場料も安く、ほとんど確実に見られるスポットがあるのだ。

キーワードは、「オトロハンガ」と「15:30」。さて、いったいどうすれば見られるのだろう??

世界でもニュージーランドにだけ生息する飛べない鳥・キーウィ。国鳥にもなっているこの鳥を、旅行中に「なんとか一目見ておきたい!」と思う方も多いと思う。もちろん野生や野生状態のキーウィを見るのが理想だけど、絶滅危惧種の上に夜行性なのでそうそう簡単には...

オトロハンガのキーウィハウスへGO!

オークランドからハミルトン方面に車で2時間ほど走らせた場所に、「オトロハンガ Otorohanga」という小規模な街がある。一本のメインストリートの両側に店が並ぶだけの簡素な田舎町だけど、ここは『キーウィハウス』という名前そのままにキーウィをはじめとした野鳥が見られる動物園がある。(キーウィハウスの公式HP)(英語)

オトロハンガのキーウィハウス入口。ちょっとショボい笑 が、これはこれでいいのかも。

 /
オークランドなどの主要都市の動物園にもキーウィが見れる暗室はあるけれど、オトロハンガには暗室が2棟あり、見られるキーウィの種類も最大3種類と多いので、キーウィを見るなら間違いなくこちらの方がお勧めだ。

ベストタイミングは15:30!餌付けの時間を見逃すな!

キーウィハウスにあるキーウィ専用の暗室。

.

さて、僕がオトロハンガのキーウィハウスに行ったときは、やっぱりキーウィが観たかったので真っ先に暗室に入った。暗室にはガラス張りの大きな水槽(?)というかキーウィの居住スペースがあり、ガラスに額をつけるようにして「キーウィはどこにいる!?」と目を凝らしてみた。でも、10分待っても真っ暗な部屋では何一つ動きはなし・・仕方がないのでいったん外にでてほかの鳥を見てからまた挑戦するも、やっぱりキーウィは発見できず。どうやら彼らは常に動き回っているわけではないみたいだ。

「ちょっと自力で見つけるのは難しそうだな・・」

そう思って園内マップを見ると、一日3回、僕が滞在していた午後の時間帯は15:30分から「餌付けタイム(Feeding time)」があるらしい。ひょっとしたらそれなら・・と、無料の餌付けショーに参加してみることにした。

2棟ある暗室のうち、メインの暗室に、時間になると係員がやってきていろいろと説明をしてくれた。と、しばらくすると暗室内がにわかにざわめき出した。「いた!いた・・!あそこ!」と誰もが指をさしてヒソヒソと話している。指の先を必死で追いかけていると・・見えた!サササッと動く黒い影!黒い影はだんだんとガラスの近くを通るようになり、やがてはっきりと姿が見えるくらいに近づいてきてくれた。どうやら奥の方に巣があって、ガラスの手前に餌が置いてあるので、おっかなびっくりながら餌をついばみに来ているようだ。

餌付けタイムを含めて30分くらい暗室に滞在してみたところ、ガラス越しに目の前を何度も通ってくれて、思った以上に走り回る生のキーウィを思う存分見ることができた。

通常24ドルが12ドルに!Book meで15:00入場を予約しよう!

book meで見つけたクーポン。15時から入場すれば12ドルで済む。50%OFF!

.

キーウィハウスの餌付けタイムは一日3回あるけれど、おススメは断然15:30だ。
なぜなら、Bookmeというディスカウントサイトで15:00入場を予約すれば、通常24ドルの入場料が半額の12ドルで済むから。

以前紹介した、日本のホットペッパーのオンライン版にあたる、ニュージーランドのディスカウントサイト「Bookme」や「Grab One」なら、かなりの確率でオトロハンガのキーウィハウスのディスカウント・チケットが販売されている。常にあるわけではないけれど、僕が見ている限りは頻繁に掲載されているので、まずは探してみてほしい。

ディスカウト・サイトの詳細はこちら→

「ニュージーランドの観光施設やレストランの割引チケットってどこかで手に入らないかなぁ」割高なNZの観光スポットの入場料を前にして、そんな風に思ったことはないだろうか?日本なら有名な『ホットペッパー』があって、あれさえ手に入ればいろいろなスポットやレ...

/
オトロハンガのキーウィハウスは施設自体は結構小さく、さくさく歩けば30分くらいで出てこれてしまうほどの大きさしかない。17時に閉まるとしても、15時に入れば2時間はある。30分くらいを暗室に使って、残りを園内散策に使えば十分に楽しめるだろう。

ロケーション的にワイトモケーブの近くにあるので、オークランド発着のパッケージツアーでも個人旅行でも、多くの人はワイトモケーブとセットにしてオトロハンガのキーウィハウスを訪れていると思う。午前~午後14時くらいまでワイトモケーブで遊んで、帰り際にキーウィハウスに寄れるとベストだろう(実際に僕もそうした。午前~午後一までにワイトモの3つの洞窟を訪れたあと、15時までにオトロハンガは十分に間に合う)。
もしこの記事を参考にして実際にキーウィが観れた人は、ぜひコメントに感想を書いてもらえればと思う:)

otorohanga kiwi house の公式HPはこちら

飛べない鳥と言ったら真っ先に思い浮かぶ鳥がニュージーランドにいる。 国鳥にもなっている、飛べない鳥のキーウィだ…

「飛べない鳥」と言ったら真っ先に名前の挙がる鳥がニュージーランドにいる。国鳥にもなっている「キーウィ(KIWI…

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUT THE AUTHOR

園芸/造園/コラム外山みのる
ニュージーランド在住。20歳でNZワーホリ後、海外自転車旅や山小屋バイト等を経て再びNZへ。お仕事は園芸や造園、コラム執筆等。

コメントはこちら

*

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

メリノウールよりすごいアウトドアウェア新素材。軽くて暖かいNZ産「ポッサム・ファー」って!?

メリノウールよりすごいアウトドアウェア新素材。軽くて暖かいNZ産「ポッサム・ファー」って!?

マックパックやカトマンドゥ、アイスブレーカーなど、数々の良質なアウトドアブランドを世に送り出し続けている国、ニュージーランド。国の代名詞ともいえる羊から採ったメリノウールはその品質の良さでほかの追従を許さず、快適で温かいメリノウール製品はア...
モツタプ島のHome bay キャンプ場

オークランドはやっぱり「島」がイイ!ランギトト島&モトゥタプ島でトレッキング&キャンプ!

オークランド観光で強くおススメしたい場所がある。それは、「島」だ。 ワインで有名なワイヘキ島をはじめとして、オークランド沖合のハウラキ湾には大小さまざまな島が浮かんでいる。トレッキングやバードウォッチング、頂上からの絶景を堪能するには、それ...
登山やキャンプの必需品に!シャンプーにも洗剤にもなる環境に優しいソープ「ウィルダネス・ワッシュ」が便利!

登山やキャンプの必需品に!シャンプーにも洗剤にもなる環境に優しいソープ「ウィルダネス・ワッシュ」が便利!

山小屋泊やテント泊を伴う登山をするとき、僕はいつも悩んでいたことがあった。 それは、食器洗いや歯磨きの時にどうしても出してしまいがちな洗剤の排水だ。 アルプスのテント場で、油のついた食器を洗う時についつい石鹸や洗剤を使ってしまったり、歯磨き...
決死のディスプレー”擬傷”に感動・・ニュージーランド・チドリは子育てシーズン!

決死のディスプレー”擬傷”に感動・・ニュージーランド・チドリは子育てシーズン!

もう10年も前になるけれど、僕はニュージーランドで鳥の「擬傷(ぎしょう)」という行動を観たことがある。 「擬傷」というのはその言葉通り、鳥が傷をついたふりをするディスプレーのことで、チドリという種類の鳥たちが時折行う行動として知られている。...
ワイトモケーブだけじゃない。無料で入れるワイプ・ケーブで“土ボタルの星空”観賞!

ワイトモケーブだけじゃない。無料で入れるワイプ・ケーブで“土ボタルの星空”観賞!

ニュージーランドの土ボタル(グロウワーム)鑑賞と言ったら、オークランドから車で2時間ほどの南にある「ワイトモ・ケーブ」が有名だと思う。もしかしたらあまりに有名すぎて、ここでしか土ボタルを観られないと思っている人も多いかもしれない。 でも、実...
Return Top