NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

ここに行けばNZの飛べない鳥・キーウィが見れる!全13件観光施設リスト

ここに行けばNZの飛べない鳥・キーウィが見れる!全13件観光施設リスト

世界でもニュージーランドにだけ生息する飛べない鳥・キーウィ。
国鳥にもなっているこの鳥を、旅行中に「なんとか一目見ておきたい!」と思う方も多いと思う。

もちろん野生や野生状態のキーウィを見るのが理想だけど、絶滅危惧種の上に夜行性なのでそうそう簡単にはお目にかかれないのがつらいところ。そこで今日はニュージーランドの動物園や観光施設など、入園料を払えばキーウィが見られるすべてのスポットを挙げてみよう。調べてみたら、キーウィが見れる施設は全部で13もあった。主要都市だけでなく各地に点在しているので、きっとこの内のいずれかを旅行の予定に組みこめるはずだ。

1:ファンガレイ『Kiwi North』

kiwi norht museum by  www.kiwinorth.co.nz

昼夜逆転した「キーウィハウス」があるのでいつでもキーウィを見ることができる。博物館も併設されているのでファンガレイに行ったら観光がてらに立ち寄りたい。

所在地:500 State Highway 14, Maunu, Whangarei, Northland
時間:10:00-16:00
料金:大人20ドル
URL:http://www.kiwinorth.co.nz/

2:オークランド『Auckland Zoo』

30 Oct-Zoo entrance - with Den, Hazel&Jo

オークランド動物園にも薄暗くして夜を再現したキーウィハウスがある。運が良ければ動き回るキーウィが見れるかも!?
動物園の周囲のウェスタン・スプリングスも野鳥がいっぱいで楽しめる。

所在地:Motions Road, Western Springs, Auckland
時間:冬季(5~8月)09:00-17:00、夏季(9~4月)09:30-17:30
料金:大人28ドル
URL:http://www.aucklandzoo.co.nz/

3:ロトルア『Kiwi Encounter at Rainbow Springs』

rainbow springs by Must Do New Zealand

キーウィの保護活動で成功を収めていることでも知られている。日に何度も開催されている「キーウィエンカウンター」を予約すると、キーウィも実際に見ることができる。オンラインブッキングも可能。周辺にある別の観光スポット・アグロドームとのセット割もあるので、お得に一日ロトルア観光を楽しんでもOK。

所在地:192 Fairy Springs Road, Rotorua
時間:08:30-21:30
料金:通常料金 大人40ドル、子ども20ドル ※キーウィエンカウンターと入園料セットで大人50ドル、子ども30ドル
URL:http://www.rainbowsprings.co.nz/

4:オトロハンガ『Kiwi House』

Kiwi


オークランドから日帰りでも行ける。
ブラウン・キーウィ、リトルスポテッド・キーウィ、グレイトスポテッド・キーウィの3種類を見ることができる。
一日3回の餌やりタイムならより確実!

所在地:20 Alex Telfer Drive, Otorohanga 3900
時間:09:00-17:00
料金:大人24ドル、子ども8ドル
URL:http://kiwihouse.org.nz/

5:ネイピア『The National Aquarium of New Zealand』

Riding the travelator through main aquarium tank at National Aquarium of New Zealand at Napier

国立水族館だけどキーウィもいる。「キーウィ・クロース・エンカウンター」は完全予約制なので早めに予約をしておこう。

所在地:Marine Parade, Napier
時間:09:00-17:00
料金:大人20ドル、子ども10ドル
URL:http://www.nationalaquarium.co.nz/

6:ワイララパ『Pukaha, Mount Bruse National Wildlife Centre』

white kiwi by Pukaha Mount Bruce

なんといっても珍しいアルビノ(真っ白の)キーウィが見られる!白キーウィの展示は世界でもここだけだ。ウェリントンからはちょっと遠いけど、電車でもいけるようなので行ってみる価値はあるだろう。

所在地:85379 SH 2, Mount Bruce 5881
時間:09:00-16:30
料金:大人20ドル、子ども6ドル
URL:http://www.pukaha.org.nz/

7:ウェリントン『Wellington Zoo』

Entrance

キーウィハウスがあって昼間でもキーウィを見ることができる。
14:30からは「キーウィ・トーク」タイムも。

所在地:200 Daniell St, Newtown, Wellington
時間:09:30-17:00
料金:大人23ドル、子ども11ドル
URL:https://wellingtonzoo.com/

8:ウェリントン『Zealandia』

Little spotted kiwi at Zealandia

フェンスで森全体を囲った自然保護区。ナイトツアーを予約するとキーウィ探しに参加できる。言ってみれば“半野生”なので100%見られる保証はないが、「なるべく野生状態のキーウィがみたい!」という方には最適の選択肢だろう。

所在地:53 Waiapu Rd, Karori, Wellington
時間:09:00-17:00。 ※キーウィツアーは夜のみ、要予約。
料金:通常入園料は大人18.5ドル、子ども10ドル。夜のキーウィツアーは大人79ドル、子ども38ドル。
URL:https://www.visitzealandia.com/

9:クライストチャーチ『Orana Wildlife Park』

Rhinos

薄暗いキーウィハウスがあって、昼間でもキーウィを観察できる。13:30からは職員によるキーウィトーク&餌やりも。

所在地:793 Mcleans Island Rd, Mcleans Island, Christchurch
時間:10:00-17:00
料金:大人34.5ドル、子ども9.5ドル
URL:http://www.oranawildlifepark.co.nz/

10:クライストチャーチ『Willowbank Wildlife Reserve』

Willowbank Wildlife Reserve

空港近くにある広々とした動物園。キーウィハウスがあって昼間でもキーウィを見ることができる。
ガラス越しではなく間近でキーウィを観れるのがここの特徴。キーウィツアー(要予約)も予約しよう。
マオリのカルチャーショーやハンギ料理などが入園料とセットになったプランもあり、キーウィだけでなく総合的にニュージーランを満喫できる。

所在地:60 Hussey Rd., Northwood, Christchurch
時間:冬季:09:30-17:00、 夏期09:30-19:00 ※キーウィハウスは10:30-
料金:大人28ドル、子供(5~14歳)11ドル
URL:http://www.willowbank.co.nz/

11:クイーンズタウン『Kiwi Birdlife Park』

155 - Kiwi & Birdlife Park

ゴンドラの麓にある動物園。キーウィハウスがあり昼でもキーウィを見られる。日に5回ある餌やりの時間に合わせればより確実。

所在地:Upper Brecon Street, Queenstown
時間:09:00-17:15
料金:大人48ドル、子ども23ドル
URL:http://kiwibird.co.nz/kiwi/

12:ホキティカ『National Kiwi Centre』

hokitika National Kiwi Centre by-From Eels to Jaguars!

キーウィハウスがあるので昼間でもキーウィが見られる。
他にも巨大なウナギやツアタラなど、この地方のユニークな生き物の展示も。

所在地:64 Tancred St, Hokitika
時間:09:00-17:00
料金:大人22ドル、子ども13ドル
URL:http://www.thenationalkiwicentre.co.nz/

13:フランツ・ジョセフ『Westcoast Wildlife Centre』

Westcoast Wildlife Centre – One Day in a City

ローウィという種類の貴重なキーウィが見られる。人気の「バックステージ・パス」を購入するとその名の通り舞台裏に入ることができ、より確実にキーウィを見ることができる。

所在地:Cowan St, Franz Josef Glacier
時間:08:30-17:00
料金:大人38ドル、子ども20ドル
URL:http://www.wildkiwi.co.nz/index/

14:テ・アナウ『Te Anau Bird Sanctuary』※タカへのみ

テアナウのビジターセンターから遊歩道で繋がった無料のちょっとした展示施設。キーウィは見られないが、同じくニュージーランドの飛べない鳥であるタカへが見られ、そのほかにもkeaなどこの地方の鳥たちも見ることができる。

所在地:181/209 Manapouri-Te Anau Hwy, Te Anau
時間:24時間
料金:無料
URL:http://www.doc.govt.nz/teanaubirdsanctuary

キーウィに関する記事はこちら!

違いは何!?【キーウィ】の仲間は全部で5種類!

飛べない鳥と言ったら真っ先に思い浮かぶ鳥がニュージーランドにいる。国鳥にもなっている、飛べない鳥のキーウィだ。ニュージーランド人は自らのことをNZ出身と言う意味で「私はキーウィだよ」と言ったりするし、キーウィフルーツも元をただせばこの鳥からつけられ…
なぜ国鳥キーウィは夜行性になったのか?

国にはそれぞれ国花や国鳥というものがある。たとえば日本なら国花は「桜」や「菊(※法的に指定された花はないらしい)」、国鳥はキジであるように、ここニュージーランドの国鳥は『キーウィ』となっている。NZの鳥の中で最も有名で、ニュージーランド人も自らを「私…
国鳥キーウィの名の由来。キーウィフルーツに似てる vs 鳴き声!?

「キーウィ・バードの名前の由来は?」と聞くと、ニュージーランドをよく知ってる人たちでさえ面白い答えを返してくれる。たとえば、「キーウィの大好物がキーウィだから」だとか、 キーウィはキーウィが大好物?! IRunTheInternet.com 「卵が緑色だから」だと…

ABOUT THE AUTHOR

園芸/造園/個人ガイド/コラム外山みのる
ニュージーランド(オークランド)在住。20歳でNZワーホリ後、海外自転車旅や山小屋バイト等を経て再びNZへ。移住を目指して家族で奮闘中。お仕事は園芸や造園、個人ガイド、コラム執筆。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

Return Top