NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

ニュージーランドの今日の紫外線量は?UVの確認方法と対策を解説!

以前、1月中旬のある日、オークランド地域のトレッキングから帰ってきて、やたらと「首が焼けて痛いなぁ・・」と思って紫外線量を確認したらとんでもなく高くてびっくり仰天!、ということがあった。ニュージーランドは日本と比べて紫外線量がとても高いことで知られているが、これは噂ではなく、僕の経験上でも、そしてデータ上も、本当に高い。

今日はニュージーランドの紫外線のお話をしてみよう。実際にNZの紫外線はどの程度高いのか。またどのHPを見れば旅行中の紫外線を確認できて、どうUVに対応すればいいのかを書いてみたい。

1月のオークランドの紫外線量(UV index)は「12」!

あまりなじみはないけど、紫外線の強さを数値で示す国際的な指標がある。UV Indexと呼ばれているのがこれで、ニュージーランドではこのUVインデックスが天気予報などでごく普通に登場する。降水量と違って「量」が分からないUVにおいては、このUVインデックスを知っておくと本当に便利だ。

UVインデックスは強さの危険度を0~15までの数字で示したもので、0が一番低く、数字が高くなるにしたがって危険度が増していく。6~7がHigh(高い)、8~9がVery High(非常に高い)、10以上はextremeで「極度に高い」となる。(下の表を参照)

UVインデックス by saintlyadventures.com

冒頭の「首が焼けていたい・・」となった日は、UVインデックスはなんと「12」だったらしい(下の図)。上の表と照らし合わせてみると、これがどれだけ高いかが分かる。

2017年1月のある日のオークランドのUV量 by https://www.niwa.co.nz/

特別にこの日だけが高かったというわけではないようだ。年間を通してみると、やはりオークランドの真夏はUV indexが10を超える日もでてきて、晴れた日は最高で13まであがってしまう。ニュージーランドのUV量のピークの数値を月別にした表を見てみると、このことがよくわかる。ちなみに、東京では年間を通してもピークは6~7くらい(7,8月)だから、東京とオークランドを比べると、UVインデックスの数値でいえば2倍もあることになる。

NZのUV量(ピーク時)月別の一覧 by http://www.thedermatologist.co.nz/

ニュージーランドのUVインデックスの確認方法

NIWAのUVのページ

ニュージーランドのテレビの天気予報ではUVインデックスの表示があったりするが、インターネットに専用サイトがあるのでそちらを見たほうが早いだろう。

NIWAという、水や大気を調査する国際機関が毎日のUV量を調査してデータを公開してくれている。
今日のUV」というページで、ニュージーランドの五か所の調査ポイントのデータを見ることができる。(オークランド、ウェリントン、クライストチャーチ、ダニーデン、インバーカーギル)。「昨日のUV量」のページもある。

ニュージーランドでの紫外線対策

ニュージーランド人はビーチや日光浴が大好きな人たちだ。夏のピーカンの日はビーチに行かなきゃ損!というくらい、たくさんのひとがビーチで日光浴をしている。一方、街頭をみても、半袖短パン、サンダルに裸足まで、服装に関して言えばUV対策はほとんど取られていないと言っていい。

でも、そんなニュージーランド人たちでも、日焼け止めだけは子どものころからしっかりと使っている人が多い。ニュージーランドで売られている日焼け止めの種類も豊富で、SPF30、50など選べるので、日本からの旅行者はわざわざ日本から持ってこなくても、NZの街の薬局やスーパーでいつでも購入が可能だ。

NZのビーチで、帽子・長袖・長ズボン・靴を履いて完全防御を固めている人は間違いなく日本人くらいなものだから――これは実際かなり奇妙な光景だ――、ビーチや野外で長袖長ズボンを履くにしても、なるべく明るい色を選ぶといいと思う。また、服に気を使わないニュージーランド人でも、例外的にかなりの確率でサングラスは着用している(UV対策というよりはファッションだと思うが)。長時間外を歩くと目も痛むので、なるべくサングラスも着用するようにしよう。

最後に、UVインデックスを発表している各サイトによると、
数値が3~7:日中は日陰を利用し、長袖や帽子を着用
数値が8以上:11時~3時ごろはなるべく外出を控える。日陰を利用する。
と対策方法が推奨されている。特にニュージーランドの1月の快晴の日はUVインデックスは10を超えるので、なるべく直射日光は避けたほうがよさそうだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントはこちら

*

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

罰金は最大200万円!ニュージーランドのフィッシングルールをもし破ってしまったら・・

罰金は最大200万円!ニュージーランドのフィッシングルールをもし破ってしまったら・・

僕がニュージーランドにやってきて驚いたことの一つに、「フィッシングルールの厳しさ」がある。日本でももちろん特に川魚に関しては厳しいルールがあると聞いているが、ニュージーランドではより厳格で、潮干狩りで取っていい貝の個数まで決められているほど...
タカプナビーチ北側にある「化石の森」案内

タカプナビーチで化石発見!?オークランドに眠る「化石の森」へ行ってきた!

オークランドのボタニックガーデンを散策していたら、ちょうど「恐竜展」なるものがやっていた。ニュージーランドの化石についてのパネルもあって何気なく見ていると、何やらオークランド地域でも化石が見られる場所があるらしい。 「そんなところ、あったか...
たった130年前までNZの巨鳥『モア』は生息していた!?貴重なインタビュー証言「背丈よりも大きな鳥が・・」

たった130年前までNZの巨鳥『モア』は生息していた!?貴重なインタビュー証言「背丈よりも大きな鳥が・・」

「あるとき、砂の上にうずくまって日光浴をしている大きな鳥を見つけたの。 その鳥は立ち上がると私の背丈を超えるほどの大きさで、恐ろしくなって無我夢中で逃げたわ――」 「――ずっとずっと、その鳥は”タカへ”(NZに現存する別の鳥)だと思ってた。...
kidney fern nz キドニー ファーン

な、なんだコレ?トレッキング中に見かけたカワイイ植物『キドニー・ファーン』

原生林を歩いていると、思わず立ち止まって眺めてしまうようなカワイイ植物に出会うことがよくある。というか、多すぎるせいで、いつも一緒にあるく奥さんには置いていかれてしまうくらい(笑)、ニュージーランドの森は面白い植物であふれている。 先日オー...
ニュージーランドの生きものを専門家が識別してくれる無料アプリ『クエスタゲーム』って!?

ニュージーランドの生きものを専門家が識別してくれる無料アプリ『クエスタゲーム』って!?

今ニュージーランドで使えるアプリを探していろいろとトライ(&エラー)をしているのだけど、やはり今のところ僕にとってNo.1のアプリは『クエスタゲーム』というアプリだ。 このアプリ、なんと生き物の写メを送ると画面の向こうの専門家が識別してくれ...
今月の人気記事トップ10 [2017年1月]

今月の人気記事トップ10 [2017年1月]

今年から「今月読まれた人気記事」をPV(ページビュー)ごとにランキング形式にして、毎月末にお届けしてみたいと思う。 さて、第一回は2017年1月のランキング。見逃した記事があれば目を通してみよう! 人気記事10位:成長すると形が変わる!?ニ...
タカへはどこに!?鳥の楽園『ティリティリ・マタンギ島』のトレッキング地図

タカへはどこに!?鳥の楽園『ティリティリ・マタンギ島』のトレッキング地図

オークランドで自然を楽しみたいと思ったら真っ先に候補に挙がるのは、沖合の島「ティリティリ・マタンギ島」だ。 ここはニュージーランドで絶滅の危機に瀕する鳥たちを野生の状態で見られる鳥類保護の島。軽いハイキングもできて一日中遊べる、NZ屈指の観...
トンガリロ・グレートウォーク

思いがけない大苦行!! トンガリロ国立公園2泊3日のトレッキング (概要編)

「グレート・ウォーク」というのがニュージーランドにある。 数あるトレッキングコースの中でも、特に景観の優れているコースを環境省が厳選して9つのコースをそう呼んだもので、北島に3つ、南島に6つが散らばっている。その多くは国立公園であり、世界自...
Return Top