NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

オークランドで車いらずの一日観光&ハイキング!絶景の「マウント・ヴィクトリア&ノースヘッド」

オークランドで車いらずの一日観光&ハイキング!絶景の「マウント・ヴィクトリア&ノースヘッド」

「オークランドでまる一日自由時間があるんだけど、レンタカーは借りずに手軽に観光とハイキングを楽しめないかな?」

実のところ、僕のもとにはこういった質問がよく届けられる。
確かに、日本から/までの飛行機の発着はどうしてもオークランド空港になるから発着前後の一日が余ることも多い。
一日あると言ってもレンタカーを借りるほどでもない・・けど、やっぱりせっかくならニュージーランドらしい景色を見に行きたい。・・そんなふうに悩む人がたくさんいるみたいだ。

でも、ホントにそんな都合のいい観光スポットなんてあるの?
・・と思ったら、これがホントにちゃんとあるのだ。

船旅あり、スイーツあり、おいしいカフェあり、絶景あり、ビーチあり、ハイキングあり、歴史探索あり。
オークランド在住の僕が自信を持っておススメする観光&ハイキングスポットがある。それが今回紹介する、デボンポートの「マウント・ヴィクトリア」と「ノースヘッド」だ。写真もたくさん使って、紹介してみよう。

ハイキング出発地はオークランドのど真ん中!フェリーで対岸のデボンポートへ

デヴォンポートへのフェリー

.

レンタカーを借りずにオークランドで観光ハイキングをするには、フェリーを使うのが一番だ。
目抜き通りの海側にあるフェリー乗り場から、往復たったの12ドルで対岸の街・デボンポート(Devonport)までの船が頻繁に出ている。束の間の船旅を楽しんで(これが思いのほかすでに絶景だ)、ガイドブックにも載ってる小さな観光の街・デボンポートに渡ろう。

デボンポートのチョコレート専門店&ショップ散策

オークランド対岸の町・デヴォンポート。奥の丘がヴィクトリア。

.

デボンポートは大都会のオークランドとはうって変わって、かわいらしい家が建ち並ぶ別荘地帯のような風景が広がっている。どのカフェもおしゃれでおいしいし、ランチメニューが充実していて選びがいがある。

デボンポートのチョコレート専門店

.

日本人にとって有名なのは「デボンポート・チョコレーツ」というチョコ専門店だろう。僕が先日出かけた時も、10分足らずの滞在時間のうちに店内で2組の日本人グループに会った。

チョコレートは甘すぎず上品な味わい。店員さんに「おススメはどれ?」と訪ねると「塩キャラメルよ。」とのこと。いくつか買って食べてみたけど、どれも味や風味に特徴があっておいしいものばかりだった。

devonport chocolates

ハイキングに持って歩くつもりで、いくつか買って歩けば幸せ度倍増かもしれない^^。

ポストカード級の絶景「マウント・ヴィクトリア」に登る

マウント・ヴィクトリアからの絶景。こちらはシティとは反対側の景色。

.

デボンポートのメインストリートを抜けると、ちょっと分かりにくいけどマウント・ヴィクトリアへの入口が右手に見えてくる。車でも登れる山なので舗装路は完備されており、頂上までは歩いても10分くらい。標高たった87mだけど、周辺に何も高いビルがない分、頂上からの景観は見事!
個人的には、マウント・ヴィクトリアはオークランドシティーのベストビューだと思っている。

ヴィクトリア ビクトリア 山 絶景
マウント・ヴィクトリアから街の絶景。

 .

ちなみに、舗装路を歩かなくても、山の中腹を周るようにちょっとしたハイキングコースができている。誰にも邪魔されない、あなただけの景色を探して散策してみるのも面白そうだ。

舗装路を歩かずにこうして芝生の中腹も歩けるようになっている。

 

100年前の大砲台も。知られざる「ノースヘッド」はナチュラル迷路!

さて、マウント・ヴィクトリアで絶景を楽しんだら、こぎれいな家々が並ぶ住宅街を抜け、お隣の山・ノースヘッドに向かおう。
ノースヘッドは名前の通り岬の先端に位置する山で、標高はわずか50mながら、マウント・ヴィクトリアよりも見どころが多くて歩きがいがある。どうして知名度が低いのか不思議なくらいだ。海沿いに外周を歩くハイキング・コースがあるので、一周する形で歩いてみよう。所要時間は1時間くらい。

ノースヘッドの海辺のコースを歩く。

.

ノースヘッドは100年ほど前は要塞として使われていたこともあって(当時はロシアが攻めてくるかもしれない、と騒がれていたそうだ)、至る所に地下通路が伸びている。面白いことにこれらの多くは一般開放され、一部はハイキングコースにさえなっているくらいだ。真っ暗なので、ケータイのライトを点けて入ろう。(↓そのときの動画)

頂上からは、マウント・ヴィクトリアとはまた一味違ったシティの風景が楽しめる。
大砲台のそばや頂上には歴史を解説した案内板やムービーシアターなんかもあるので、時間が許す限り観たい読んだりしてみても面白いと思う。

ノースヘッドの大砲たち。迫力満点!
ノースヘッドからのシティの景色も、また格別だ。

僕が歩いたコースのログ「マウント・ヴィクトリア&ノースヘッド」


(上の地図をクリックすると、別ページで詳細が確認できる。)

僕は北側のビーチを長々と歩いたので結局4時間近くもかかったけれど、もしビーチ歩きを少なくすれば3時間弱くらいにまとめられるはず。標高差はほとんどない初級コースなので、天気がよさそうならこの記事を参考にしてぜひ歩いてみてほしい。きっと大満足の一日を過ごすことができるはずだ。

参考リンク:
DOC(NZ環境省)のHP-ノースヘッドのハイキング地図

その他のハイキングコース案内はこちら!

コメントはこちら

*

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

Return Top