NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

【ワイタケレ自然公園】 樹齢1,000年!?カウリの巨木に出会う、オークランド・シティ・ウォーク

【ワイタケレ自然公園】 樹齢1,000年!?カウリの巨木に出会う、オークランド・シティ・ウォーク

オークランド地域には全部で26もの自然公園(regional park)がある。そのうち最も遊びがいがあるのは、なんといってもオークランド西に広がるワイタケレ自然公園だろう。

ここは1万6千ヘクタールという広大な自然がそのまま残された貴重な原生林地帯。ハイキングコースがとてもよく整備されており、その長さはなんと250キロにも及んでいる。海に接するので自然環境も多種多様、一つ一つのコースが個性豊かで魅力的だ。

さて、今日紹介するのは、そんなワイタケレ自然公園の中でもとりわけ人気の高い、
オークランド・シティ・ウォーク』というコース。名前は変わっているが、ニュージーランドらしい原生林ウォークが気軽に楽しめるとして、現地の人にもよく利用されるコースだ。さっそく詳しく見てみよう!

『オークランド・シティ・ウォーク』

オークランドシティ・ウォーク

  • 【レベル】初級
  • 【タイム】1時間ほど
  • 【距離】2.1km
  • 【コース内標高差】35m
  • 【みどころ】オークランド地域最大のカウリ(樹齢1000年)、カスケード滝、野鳥

ワイタケレ自然公園北側のゴルフ場の奥から始まるコース。専用駐車場は週末はいっぱいになるほど人気で、僕が思うにもっとも知名度のあるコースだと思う。大手旅行会社のトレッキングツアーもこのコースを利用する。

小川沿いに歩きやすいハイキングコースが続き、コースの途中頃に右手に「カスケード滝cascade falls」へのサイドトリップ(片道5分)がある。岩が切り抜かれたような空間の奥から音だけが聞こえる変わった滝で、滝壺を泳いで真下までいくとようやく滝を見ることができる。

ハイライトは何といってもカウリの巨木だろう。オークランド地域最大とされ、その樹齢は1000年にも達すると言われている。カウリを見たらゴールはすぐそこ。ゴルフ場に出て、車を停めた駐車場まで戻ろう。

野鳥の宝庫。バードウォッチングも楽しめる

僕はガイドの仕事で西オークランド地域の観光案内をする際は、このコースをかならず予定に入れている。というのも、ニュージーランドらしい原生林を手軽に楽しめる上に、有名なカウリの巨木もあり、そして珍しい野鳥にも出会える確率が他よりも高いからだ。

実は『オークランドシティ・ウォーク』のある周囲の森は鳥類保護区に特別に指定されており、イタチやネズミなどの外来哺乳類を徹底的に管理している。そんな背景もあって、このコースには野鳥が多いのだ。できれば図鑑を持って歩くと、より楽しめると思う。

kereru
オークランドシティ・ウォーク上でよく見かける、ニュージーランド固有の大きなハト、ケレル
オークランド近辺では唯一ここだけに生息するニュージーランド・ロビン
オークランド近辺では唯一ここだけに生息するニュージーランド・ロビン
樹齢1000年のカウリ。実際に対面するとかなり巨大に感じる。
樹齢1000年のカウリ。実際に対面するとかなり巨大に感じる。
-mouth-anderson-auckland-city-walk-and-fenceline-north-tracks_71
広々としたハイキングコース

ABOUT THE AUTHOR

園芸/造園/個人ガイド/コラム外山みのる
ニュージーランド(オークランド)在住。20歳でNZワーホリ後、海外自転車旅や山小屋バイト等を経て再びNZへ。移住を目指して家族で奮闘中。お仕事は園芸や造園、個人ガイド、コラム執筆。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

Return Top