NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

NZの花はなぜ白い!?花の色が教えてくれる、知られざるNZのヒミツ

NZの花はなぜ白い!?花の色が教えてくれる、知られざるNZのヒミツ

太古のままの自然がのこるニュージーランド。
最高峰のマウント・クック(3,724メートル、富士山と同じくらい)をはじめとする3000メートル級の高山地帯から、世界遺産ミルフォード・サウンドのような苔むした原生林の深い森、果てはタソック草に埋め尽くされた大草原まで、さまざまな自然環境が広がっている。

そんなニュージーランドの大自然をトレッキングするときの楽しみと言えば、夏のシーズン中にいたるところで咲き乱れるユニークなお花たちだろう。ニュージーランドでしか見られないお花も多く、それを目当てにNZを訪れる愛好家もたくさんいる。

しかし、そんなニュージーランドの大自然の中を歩いていると、ふと、あるとき不思議なことに気づくだろう。それは、

「どのお花も、真っ白!」

だということ。これには何か理由があるんだろうか?
今日はニュージーランドのお花の色から、自然のヒミツを紐解いてみよう。

ニュージーランドのお花はどれも真っ白!

たとえばNZで最も有名な”高嶺の花”、マウント・クック・リリー。

Mt.Cook Lily photo by Flicker

まとまって花がさく姿が美しいレンガレンガ・リリー。

renga renga lily photo by Flicker

北島北部の森によく見かけるレースバークも、

Lacebark photo by Flicker

そして”デイジーの木”とも言われるオレアリアの花も・・

Oleariaの一種 photo by Flicker

 

こうしてみると、ニュージーランドのお花たちは、ほんとにみんな見事なほど真っ白だ。

これほどニュージーランドの花たちが真っ白で統一されているとなると、これはもやは偶然の産物ではなさそう・・きっと何か理由があるはずだ。いったいどうして、ニュージーランドの植物は白い花をつけるのだろうか?

そこにはニュージーランドにしかない、面白い理由があったのだ。

花粉を運ぶのはダレ? 花の色には理由がある!

黄、オレンジ・・お花の色は様々あるが、植物たちは何も好き勝手に色を選んでいるわけではなく、そこにはちゃんと理由がある。

植物がお花の色を決める際のイチバンの理由として、「花粉を運んでくれる相手へのシグナル」というのがある。

例えばハイビスカスは遠くに咲いていても目立つのは、だれもが納得するところだろう。赤や黄色は日光の下ではとても目立つ。これらは鳥に視認してもらうため。もし植物が「鳥や蝶に花粉を運んでほしい」と思えば、進化の中で自然と赤や黄色の花になっていく。自然はそういう風にうまくできているのだ。

では、「白い花」はどうだろう?

もしニュージーランドの花たちが「鳥や蝶に花粉を運んでほしい」と考えたら、もっと赤や黄色があっていいはず。しかしそうではないということは、鳥や蝶以外の「誰か」に花粉をお願いしようとしている、ということになる。

さて、その「誰か」って・・!?

NZの蝶ちょはわずか26種類。でも〇〇は1800種類!!

面白いことに、ニュージーランドに蝶はわずかに26種類しかいない(この数字は亜種の取り扱いで多少前後するが)。国土の形が似たような日本では約240種類だから、ニュージーランドの蝶の種類がいかに少ないかが分かるだろう。

鳥にしても、ニュージーランドにはたとえばハチドリのような蜜を吸う鳥が本来はほとんどいない。ついでに花粉を運んでくれそうな4つ足の哺乳類はいないし、大型のハチもいない。太古の生態系のままなのだ。

【最新版】ニュージーランドに飛べない鳥が多い3つの理由

ニュージーランドには飛べない鳥が多く暮らしている。国鳥にもなっているキーウィや、世界で唯一の飛べないオウムとしてテレビにもよく登場する「カカポ」、50年間も絶滅していたと思われていたクイナ科の「タカへ」など、世界でもここだけのユニークな生態を持った…

 

他の国では花粉を運ぶ代表選手である蝶はいないし、鳥もいない、哺乳類に至っては一種類もいない・・では、誰を頼れば・・

そこでニュージーランドの花たちが最後に頼った生き物がいる。それはなんと、

「蛾」である。

ニュージーランドに生息する蛾の種類はけた違い。その数なんと1800種類以上にものぼる。蝶も鳥も頼れないニュージーランドの花たちが、蛾に受粉をお願いするようになったのも必然だったというわけだ。

では、蛾にとって目立つ色って何色だろう・・って、もうお分かりのはず!
そう、その色とは・・

花の白は「夜に目立つため」

一般的に蛾が活発に動くのは夕方から夜にかけて、つまり陽が沈んでから。そんな蛾に花の位置をわかってもらうには、日光下で目立つ赤や黄色ではなく、月光を反射して暗闇でも目立つ「白」にするのが一番。

そのため、ニュージーランドの花たちはどれも白ばかりだったのだ。

花の色一つとっても、こうして調べてみるとそれぞれに理由があって面白い。NZの花の「白」は、独自の生態系の中で考えた末の選択だったというわけだ。

今度お花を見かけたら、「このお花は誰に花粉を運んでもらいたくてこの色なんだろうなぁ」と考えてみると面白い発見があるかもしれない。きっとそのお花も、それぞれの環境に合わせた進化を遂げているはずだ。

 

追記:例外的にNZクリスマスツリーとも呼ばれるポフツカワは真っ赤な花だが、こちらはツイなどのNZに数種類だけいるミツスイ科の鳥たちをお目当てにしているようだ。ただし、やはりNZでは「色つきの花」は全体でみれば例外的な存在だと言っていい。

ABOUT THE AUTHOR

園芸/造園/個人ガイド/コラム外山みのる
ニュージーランド(オークランド)在住。20歳でNZワーホリ後、海外自転車旅や山小屋バイト等を経て再びNZへ。移住を目指して家族で奮闘中。お仕事は園芸や造園、個人ガイド、コラム執筆。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

Return Top