NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

オークランド近郊の温泉めぐり!貸切風呂が楽しめる天然温泉「ミランダ・ホットスプリングス」へ!

日本と同じく各地に温泉がわき出ているニュージーランド。
北島ならロトルア~タウポ周辺の温泉、南島ならマルイアやハンマー・スプリングスなどがガイドブックにも載っていてよく知られている。

僕が住むオークランド周辺はと言うと・・これが意外なことに何か所か温泉(ホット・スプリングス)があって、日帰りで温泉を楽しむことができる。今回行ってみたのは、オークランドから車で南東にちょうど1時間の「ミランダ・ホットスプリングス Miranda Hot Springs」。あんまり期待しないで行ってみたら、案外いい温泉で満足満足!だったので、紹介してみたいと思う。

オークランドから車で1時間の温泉!ミランダ・ホットスプリングスへ!

前回の「オークランドの温泉めぐり旅」では北西に40分のところにある「パラカイ・スプリングス」を訪ね、立ち泳ぎをしながらヌルイ温泉につかるというちょっと残念な体験をしたので(苦笑)(最後にリンクあり)

「次は個室のプライベート・スパに入ろう!」

とリサーチしたのが「ミランダ・ホット・スプリングス」だった。
ミランダという街はコロマンデル半島に近く、渡り鳥の生息地でもあって、温泉の前を素通りしたことは何度かあった。それでここ1年くらい気になっていたところに、今回やっと順番が回ってきたのだった。

地図上では遠そうだけど、すべて高速道路を使えるので約1時間でいけてしまう。
海沿いの道路に温泉の看板が出ているので、さっそく中に入って行こう。

ミランダ温泉
道路沿いに建つMiranda Hot Springsの看板
ミランダ・ホットスプリングスの入口。さっそく中に入ってみると・・
メインの温水プール。ほんわか湯気が出ている。

裸で入れる貸切風呂!ジャクジー付きの木の浴槽が風情あり。

さっそく受付の兄ちゃんに料金を支払う。
プライベート・スパは1人あたり30分で15ドル。結構リーズナブルだ。

「ここは初めてかい?」
と聞かれたのでそうだと答えると、カギをもってスパまで着いてきてくれて、アレコレと丁寧に説明してくれた。愛想もよく、きちんと運営されている感じが好印象。

さて、肝心のプライベートスパ、ミランダ温泉の貸切風呂はこんな感じ。

ミランダ温泉のプライベート・スパ。え?ここ?という感じだけど、中に入ってみると・・
ミランダ温泉の貸切風呂(30分で15ドル)。風情があっていい!

動画も撮ってみた↓



プライベート・スパは全部で4つ。部屋はちょっとだけ狭いけど、2人、もしくは一家族で入るには無理のない広さだと思う。もちろん個室でカギもついているから、裸で入ってOKだ。

樽のような木の浴槽(1.5mくらい)は風情があって、ジャクジーも付いていてOn/Offの調節もできる。
湯加減はやっぱり日本人にはほんのちょっとヌルめだけど(公式サイトには40°~41°とは書いてあるが^^;)、30分つかるならちょうどいいのかもしれない。

お湯はすこし白濁していて、硫黄臭はないけど、ナチュラル・スプリングス特有の何とも言えない”温泉の香り”がする。日本人には嬉し懐かしの温泉の香り。オークランドから1時間の場所でこんな温泉体験ができるとは思ってもいなかったので、大満足の30分だった。(ちなみに、浴槽しかないので、よほどでない限り時間は30分で十分。)

サービスショット!?(笑)。台湾人の奥さんにとっては「ちょうどいい温度」だったみたい。

温水プールにキャンプにBBQエリア。1日楽しめるミランダ温泉

スライドショーには JavaScript が必要です。

.

ミランダ・ホットスプリングスは今回利用したプライベートスパだけでなく、以下の設備があって1日遊べるようになっている。

  • 野外温水プール(南半球で最も大きなスパプールと書いてあったが・・ホントか?苦笑)
  • 大人専用のスパ・プール(温水プールよりも熱い小プール。日本人にとっては”ぬるいお湯”だけど・・)
  • 芝生のBBQエリア
  • 巨大なトランポリン「ジャンピング・ピロー」
  • ファストフード・ショップ
  • ホリデーパーク(有料キャンプ場)

僕が訪れた2017年度の料金は以下の通り。
入場料(温水プールと、熱めのスパ・プール)は大人14ドル、子ども7ドル。
プライベート・スパだけなら30分で大人15ドル。
両方入る場合は割安になって、大人24ドルとなっている。

貸切風呂であるプライベート・スパは、よっぽどでないと予約はいらないと思う
僕が行った時も駐車場は満車に近かったけど、スパを使っている人は皆無で4つとも空いていた。きっと多くの地元民にとっては、入場料に含まれる「熱めのスパ・プール」で十分なんだろう。

Miranda Hot Springsの公式ページはこちら

ミランダ・ホットスプリングスの料金案内。

.
前回のオークランド温泉めぐり「パラカイ・スプリングス」の記事はこちら!

ニュージーランド流の温泉を体験!オークランドのパラカイ・スプリングズで温泉キャンプ

ちょっと意外かもしれないけれど、ニュージーランドはちょっとした温泉大国だ。日本と同じように火山の多いお国柄で、地熱地帯がそこかしこにある。地熱があるなら、そこには当然温泉もある。北島のロトルアは温泉のメッカとして知られているし、南島ならクライスト…

コメントはこちら

*

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

Return Top