NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

オークランド地域でキャンプがしたい!キャンプ場の探し方と予約方法。

オークランド地域でキャンプがしたい!キャンプ場の探し方と予約方法。

ニュージーランドの自然と言えば南島の森や海がイメージされるかもしれないけれど、意外なことに大都市オークランド近郊にもキャンプ場を伴った“宿泊できる自然”がたくさん眠っている。

特にリージョナル・パークと呼ばれる、日本語で県立公園や自然公園と言った感じの保護区には芝生のキャンプ場が整備され、夏の週末には予約がいっぱいで取れないほど人気が高い。そのほか、私営公営・有料無料のキャンプ場をぜんぶ合わせれば、おそらくその数は100以上にも上るはずだ。

このページでは、オークランド地域のキャンプ場の探し方と、予約の方法について書いてみたい。

オークランド地域のキャンプ場は大きく2種類ある!

tawharanui regional park
tawharanui regional park

 

これはオークランド地域に限った話ではないけれど、ニュージーランドのキャンプ場をざっくり分けるなら2種類に分類できる。つまり、「私営」と「公営」だ。

私営については、ニュージーランドには全国津々浦々に展開されている「ホリデーパーク」と呼ばれる有料キャンプ場が代表的だろう。特にチェーン店として有名なのは「TOP10 Holiday Park」で、これはたいていの都市なら必ずビーチ沿いに一件はあって利用しやすい。

このホリデーパークの概要や探し方・予約方法については実は以前記事にしたので、そちらを参考にしてほしい。

ニュージーランドの旅行をする際、パッケージツアーを使わず、レンタカーを一週間くらい借りて自由気ままに旅をする人も多い。各地に点在する大自然をトレッキングするにはレンタカーがいいし、何より、ニュージーランドという広大で穏やかな雰囲気には、レンタカー...

.

このページで主に扱いたいのは「公営」の方だ。
オークランドには、リージョナルパークという自然公園が26ヶ所、キャンプ場は44も設置されていて、使い方を覚えると近場で遊べて本当に便利だと思う。これらの探し方と予約方法を、次項に書いてみよう。

オークランドのリージョナル・パーク(自然公園)って?

mahurangi regional park
mahurangi regional park

 

オークランドのリージョナルパーク(自然公園)は全部で26、キャンプ場は全部で44もある。これはオークランド市が管理する自然保護区で、原生林だけではなく、歴史のある建物や放牧地なども自然公園となっている。広く地域の自然と歴史を体験できる保護区と言えばいいだろうか。

自然公園やキャンプ場のある保護区を探すのは、オークランド市のHPを覗くのが一番だ。
[Auckland Council – Regional Parks]というページにアクセスすると、26の自然公園と主要な観光スポットを探すことができる。地図もあるので、行きたい地域に自然公園があるかすぐ分かるので便利だ。

もしくは、各自然公園や、観光案内所、オークランド植物園などにはよくパンフレットが揃えられているから、そちらで情報を集めるのもいいだろう。

ちなみに、どの自然公園にもトイレや飲み水(蛇口からの水道水)は整っている。ビーチ沿いなら、水のシャワーがあるところも多い。

オークランドのリージョナルパークの予約方法

Camp@mahurangi regional park
Camp@ mahurangi regional park

 

これは僕も経験したことで、チョット面倒なんだけど、オークランド市営の(つまり自然公園内の)キャンプ場を予約&支払いをするのは、電話対応のみとなっている。オンライン・ブッキングの仕組みがないのだ。

オークランド市の番号に電話をかけ( (09) 366 2000)、「~の用の方は数字の〇を・・」みたいな自動音声が流れるので指示通りに進んでいき(キャンプ場関係は数字の2。)、オペレーターに泊まりたいキャンプ場の名を伝える。最初だけは住所氏名~など一通りのことを聞かれるが、一度登録してしまえば次回からは名簿にアクセスしてもらうだけで済むはずだ。

支払いはクレジットカード払いのみ。現地で現金で、というのは受け付けてもらえず、「電話でクレジット払いして」と言われてしまう・・^^;。

夏の休日は予約でいっぱい!早めに予約しよう。

僕はもう何度も経験があるけれど、さすがに人口150万の大都市らしく、すぐに行ける近郊のキャンプ場というのは夏の天気の良い休日はすぐに埋まってしまう。

特に1月下旬のオークランドデーや2月のワイタンギデーなどの3連休は、当日電話をかけてもそもそも繋がらず、やっとオペレーターと話をしても「その周辺の自然公園はどこももう満席ですよ」と言われてしまう。オークランドで夏にキャンプをするなら、なるべく一週間前には予約をしていた方がベターだ。

auckland regional council – stay at a park

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントはこちら

*

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

チャンスは数年に一度!ニュージーランドの飛べないオウム『カカポ』に会いに行ってきた!

チャンスは数年に一度!ニュージーランドの飛べないオウム『カカポ』に会いに行ってきた!

2018年9月28日。この日は僕にとって、ちょっと特別な日になった。 なぜなら、総数148羽しかいない(2018年現在)ニュージーランドの飛べない鳥の一種「カカポ」に、10年以上も想い焦がれた末にようやく会うことができたからだ。 まんまるで...
ついに撮れた!モナーク・バタフライの羽化をタイムラプス動画で観てみよう!!

ついに撮れた!モナーク・バタフライの羽化をタイムラプス動画で観てみよう!!

『モナーク・バタフライを自宅に呼ぼう!』のプロジェクトを始めて1年目、これまで様々な視点からモナークバタフライの記事をかいてきた。 オークランドの自宅の庭に餌となる「スワンプラント」を植えるところから始めて、一年目は40匹もの幼虫たちを育て...
ニュージーランドでオーロラが見れる!?「サザン・ライツ」を探しに行こう!

ニュージーランドでオーロラが見れる!?「サザン・ライツ」を探しに行こう!

夜空に広がる光のカーテン、オーロラ。 この夜空の神秘はカナダやアラスカのような北極圏に近いエリアで見られるものとしてテレビなどでよく紹介されるけれど、実をいうと北極だけでなく南極でも見らる自然現象だとはあまり知られていない。 北極のそれは「...
罰金は最大200万円!ニュージーランドのフィッシングルールをもし破ってしまったら・・

罰金は最大200万円!ニュージーランドのフィッシングルールをもし破ってしまったら・・

僕がニュージーランドにやってきて驚いたことの一つに、「フィッシングルールの厳しさ」がある。日本でももちろん特に川魚に関しては厳しいルールがあると聞いているが、ニュージーランドではより厳格で、潮干狩りで取っていい貝の個数まで決められているほど...
オスとメスでまったく違うクチバシを持つ鳥「フイア」。彼らが絶滅に追い込まれた理由とは・・

オスとメスでまったく違うクチバシを持つ鳥「フイア」。彼らが絶滅に追い込まれた理由とは・・

いつもは美しくて素晴らしいニュージーランドの自然を紹介する当HPだけど、今日だけはちょっと”負の側面”、つまりすでにいなくなってしまった鳥たちの話をしてみたいと思う。 たった100年ほど前まで、ニュージーランドの北島の森には、世界でも例のな...
コファイ ニュージーランド 国花

ニュージーランドの国花『コファイ』ってどんな花?いつ&どこで見られる?

日本で桜を知らない人はいないように、ニュージーランド人で「コファイ」という単語をしらない人はいないんじゃないだろうか。コファイ(Kowhai)とは、ニュージーランドの国花になっているお花が咲く木で、春を告げる身近な木として昔から親しまれてい...
Return Top