NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

ニュージーランドの山小屋(ハット)の泊まり方を徹底解説!!~グレートウォーク編~

ニュージーランドの山小屋(ハット)の泊まり方を徹底解説!!~グレートウォーク編~

ニュージーランドのトレッキングの魅力のひとつは、何と言っても山小屋(ハット)に泊まることだろう。NZには920ものハットがあり、歴史を感じさせてくれるもの、最新設備を持ったものなど、個性豊かなハットがたくさんある。それらを利用しながら大自然を満喫するのもトレッキングの醍醐味と言っていい。

前回の記事では、『バックカントリーハット』と呼ばれる一般的なハットについて、その概要や予約方法を書いた。(最後にリンクあり)ここではその続きとして、NZで特に人気のあるコース「グレート・ウォークス」と称される9本のトレッキングコースのハットについて、概要や泊まり方を書いてみたい。

グレート・ウォークを歩きたい!と思ったらするべきこと

ミルフォード・トラックのハット
ミルフォード・トラックのハット

ニュージーランドの「グレートウォーク」というのは、数あるコースの中でも特に景観や生態系の優れたコースを環境省が選定したもので、全部で9コースがそう格付けされている。(NZ環境省のグレートウォークの一覧ページへ(英語)

すべてのグレートウォークのコースは完全予約制だ。そのため、歩くなら必ず事前にオンライン等でブッキングをしておく必要がある。

基本的にニュージーランドのトレッキングには「入山料」という概念はない。ハット代がその代わりとなっており、つまりグレートウォークを歩きたいと思ったら、コース上のハットを予約&支払いすることが入山許可証代わりとなる。だからニュージーランドにおいては人気の高いコースほどハット代が妙に高い、ということになり、一泊5ドルのバックカントリーハットから、「世界一美しい散歩道」と称されるミルフォードトラックの一泊$52ドルのハットまで料金がてんでバラバラ、という取っつきにくい制度になってしまった。

グレートウォーク・ハットの料金一覧

Milford_Track-2007-02-13 112554DSC_9832
グレートウォークと一言で言っても、上記の理由から金額はけっこうバラバラ。そこで、分かりやすいように一覧表を作ってみた。毎年サマーシーズンの期間も違うし、値段も上がることが多いので、とりあえず2016-17年を例にとって料金を表示してある。

名称サマーシーズン期間
(2016-17)
ハット代
(サマーシーズン)
ハット代
(オフシーズン)
Lake waikaremoana通年Hut $32
Camp $14
Whanganui Journey
10月01日(2016)-
04月30日(2017)
Hut $32
Camp $20
Hut $15
Camp 無料
Tongariro Northern Circuit
10月23日(2016)-
04月30日(2017)
Hut $32
Camp $14
Hut $15
Camp $5
Abel Tasman 通年Hut $32
Camp $14
Heaphy Track通年Hut $32
Camp $14
Routeburn Track10月25日(2016)-
05月03日(2017)
Hut $54
Camp $18
Hut $15
Camp $5
Kepler Track10月25日(2016)-
05月03日(2017)
Hut $54
Camp $18
Hut $15
Camp $5
Milford Track10月25日(2016)-
05月03日(2017)
3Hut一括で$162
(Camp不可)
Hut $15
(Camp不可)
Rakiura Track通年Hut $22
Camp $6

まず、表の通りいくつかのグレートウォークにはオン/オフシーズンがあり、ざっくり言って夏場は値段が高く、冬場は値段が大きく下がる。このオン/オフは、標高が高くて雪が積もるようなコースに設定されているみたいだ。「通年」と書かれたコースは一年を通して料金設定は同じ。

ニュージーランドで最も有名なトレッキングコースと言っていいミルフォードだけは特別扱いされている。ミルフォードだけがコース上の3つのハットを一括で予約する仕組みになっており、つまりすべての人が同じ日数、同じルートで歩くよう設定されている(一方通行で、連泊も不可)。

予約とは直接関係はないが、ミルフォード・ルートバーン、ケプラーの3コースについては、当日の朝までに必ずDOCオフィスに直接行ってハットチケットを受け取らなければならない。おそらく登山客が多いので、混乱を避けるための措置だろう。

グレートウォークの予約は半年前にしておくこと!

ミルフォードトラックを歩く

冗談のように聞こえるかもしれないけれど、夏のいい時期(たとえばクリスマスや年末年始、イースターなど)にグレートウォークを歩きたいと思ったら、その半年前には予約をしておくくらいの心構えがいる。特にそれが当てはまるのはミルフォード、ルートバーン、ケプラーの3コース。とりわけミルフォードは予約開始から3日間で大型連休中のハットは満席になる人気ぶりだ

となると気になるのは「いつ次のシーズンの予約が始まるのか?」なのだけど、
翌シーズンの予約は、だいたい5月ごろに始まる。たとえば2016-17年シーズンの予約は、2016年の5月4日から始まっていた。だいたいその年の2月ごろから「翌シーズンの予約開始は〇月〇日の予定です」というようなアナウンスページが開設され、3~4月のどこかで予約開始日の情報が確定、5月の上旬に予約開始という流れとなっている。

なので、たとえば「2019年のお正月休みにミルフォードを歩きたい!」と思ったら、2018年の2月ごろから情報収集をはじめて、5月の予約開始日にパソコンの前にいる必要がある(まるで人気歌手のコンサートみたいだ。)グレートウォークを計画する際は、とにかく早くハットを確保するところから始めてほしい。

ちなみに、ソロでいくなら結構な確率でキャンセルがでるので、こまめにオンライン・ブッキングページを覗けば可能性は大いにある。また上記の3コース以外はそこまで混まないので、現地の大型連休以外の日付であれば1~2ヶ月前でもなんとか間に合うだろう。

ハットの予約方法

エイベル・タズマン国立公園のハット

最も簡単な予約の方法は、NZ環境省のオンライン・ブッキングページで予約をすることだろう。オンラインなら空き状況がリアルタイムでわかるし、クレジットカードさえあれば日本からでも予約&支払いができる。

また、現地に飛んで街のDOCオフィスから直接予約をすることもできる。DOCオフィスはたいていの街にあるし、観光案内所と併設になっているところも多い。すでに現地入りしているなら直接行った方が話が聞けていいかもしれない。

リンク:NZ環境省・Online Booking専用ページへ

ニュージーランドのハットの概要やバックカントリーハットの説明はこちら ↓

ニュージーランドのトレッキング(登山)の魅力の一つは、なんといっても山小屋(Hut)に泊まることだろう。NZでは山歩きが国民的アクティビティとして定着していることに加え、ハンティングなどのために建てられたものも山小屋に転用されるなど、本当にNZ全国津々浦々...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントはこちら

*

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

そのビーチは泳いでも大丈夫?ニュージーランドのビーチの水質汚染度が一目でわかるサイト「Safe Swim」

そのビーチは泳いでも大丈夫?ニュージーランドのビーチの水質汚染度が一目でわかるサイト「Safe Swim」

12月に入ってからというもの、僕の住むオークランドは最高気温25°~前後の日々がつづいている。 NZで「今日の最高気温は25℃!」と言えば日本の感覚でいえば30℃を超えた真夏日のような感覚と言ってよく、ビーチで思い切り泳ぎたくなる夏の季節だ...
スピニフェックスのボール状のタネ。ボールの中心部分にタネがたくさん入っている。

あなたなら、どうする?タネを遠くに運びたい植物たちがとった、驚きの戦略4選!

植物を見ていて、常々面白いなぁと思うことがある。それは、彼ら植物たちが発達させた、タネの拡散方法だ。 「置かれた場所で咲きなさい」とは誰の言葉だったか。植物は動けない代わりに、それぞれの環境に合わせて、子孫を残すために独自のタネの拡散方法を...
トンガリロ・グレートウォーク

思いがけない大苦行!! トンガリロ国立公園2泊3日のトレッキング (概要編)

「グレート・ウォーク」というのがニュージーランドにある。 数あるトレッキングコースの中でも、特に景観の優れているコースを環境省が厳選して9つのコースをそう呼んだもので、北島に3つ、南島に6つが散らばっている。その多くは国立公園であり、世界自...
ウェスタン・スプリングス

野鳥観察にもってこい!オークランドの「ウェスタン・スプリングス」はイチオシ観光スポット

こういうHPを書いていると、僕のもとにはよく野鳥関連の質問が寄せられる。 その中でも特に多いのは、 「オークランドでバードウォッチングをするには、どこに行くのがいいんでしょう?」 という質問だ。 これに対しては僕には明確な答えがあって、 ま...
Return Top