NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

ニュージーランドの山小屋(ハット)の泊まり方を徹底解説!!

ニュージーランドの山小屋(ハット)の泊まり方を徹底解説!!

ニュージーランドのトレッキング(登山)の魅力の一つは、なんといっても山小屋(Hut)に泊まることだろう。
NZでは山歩きが国民的アクティビティとして定着していることに加え、ハンティングなどのために建てられたものも山小屋に転用されるなど、本当にNZ全国津々浦々にまで山小屋ネットワークが確立されている。歴史を感じるもの、最新設備を取りそろえたものなど、山小屋の個性も大きく違って面白い。僕なんかは山小屋に泊まりたいがためにわざわざ登山計画を立てたりもするくらいだ。

さて、日本なら電話一本かければすぐ予約なんてできるけれど、ニュージーランドはどういう風に運営されているんだろうか。このページでは、ニュージーランドの山小屋の概要と、予約や支払の方法について書いてみたい。

ニュージーランドの山小屋(ハット)の概要

ニュージーランドの山小屋(ハット)。エグモント国立公園のサービスド・ハット
ニュージーランドの山小屋(ハット)。こちらはエグモント国立公園のサービスド・ハット

日本の山小屋は市営、村営、私営など、山小屋によって運営母体が異なるけれど、ニュージーランドの山小屋のほとんどは、通称DOC(ドック)と略される環境省によって一括運営されている。ちなみに、NZでは山小屋のことをハットというので(そしてその方が雰囲気に合うので)、以下そう表記していこう。

まず、ハットの基本的な仕組みについて。
ニュージーランドのハットは、ざっくりいって2種類に分けられる。
グレートウォーク・ハットバックカントリー・ハットだ。

グレートウォークというのは特に景観の優れた全9コースをDOCが特に指定してそう呼んでいるもので、当然人気も高く(ハット代も高く)、そこにあるハットは特にグレートウォーク・ハットと呼ばれる。「ニュージーランドでも最も設備が充実しているハット」と言い換えてもよく、ハット内に飲み水、キッチン(ガス)、暖房施設(暖炉など)が確保され、たいていの場合常駐のワーデン(レンジャー)もいる。予約方法もバックカントリーハットとまるで異なる。値段は一泊$54~22。

バックカントリーというのは英語独特の表現で、“ありのままの自然”、”野生”、とそんな風に捉えたらいい。要はグレートウォーク以外に設置されたNZのすべてのハットを、バックカントリーハットと呼んでいる。ややこしいことに、施設の充実度によってさらに3つのランク分けがある。次項ではバックカントリーハットの詳細を追ってみよう。

3つのランクがあるバックカントリー・ハット

ハットのキッチン兼ラウンジ。これはトンガリロ国立公園のグレートウォーク・ハット
ハットのキッチン兼ラウンジ。

 

バックカントリー・ハットは、施設の充実度によって3つのランクに分かれている。

  • サービスド・ハット(Serviced Hut)
    バックカントリー・ハットの中でも特に設備のいいハット。その多くはキッチンにガスや蛇口(飲み水)があるなど、設備レベル的には最上位であるグレートウォーク・ハットとそう変わらない。コロマンデルやエグモント国立公園、グレートバリア島など、グレートウォーク以外の人気コースのハットはサービスドハットに指定されていることが多い。要予約、一泊15ドル
    .
  • スタンダード・ハット(Standard Hut)
    名前の通り、ニュージーランドで最も普通に見られるハット。調理用ガスはないが、マットレス、トイレ、外付けのウォータータンクは付いていて、暖炉があるところも多い。予約は不要で、First come, First Served=早いもん勝ち。一泊5ドル
    .
  • ベーシック・ハット(Basic Hut)
    ハンター用小屋の型落ちや、現役引退したものなど、シェルターをちょっとよくしただけの緊急避難小屋的なハット。雨がしのげるだけありがたい。人があまり通らないような山奥や荒野に多く、ある意味これを利用するのはチョット難しいのかもしれない。バンクベッドは残っていてもマットは付いておらず、トイレやウォータータンクも無いのが普通。その代わりおいしい川の水を飲む。予約不要、無料
ベーシック・ハットのイメージ。これはオーストラリア・コジオスコ山のハット

山小屋(バックカントリー・ハット)の予約・支払い方法

グレートウォーク・ハットについては基本的にDOCのオンラインブッキング専用ページで予約&支払いをする。ただ、全9コースそれぞれ若干の違いがあって細かくなるので、詳細は次のページに譲ろう。ここでは、バックカントリー・ハットの予約・支払い方法について書いてみたい。

バックカントリー・ハットは基本的には予約はいらず、First come, First served。つまり早いもん勝ちだ。ハット・チケットと呼ばれる事前に購入する宿泊券を利用して泊まることができる。

ハット・チケット($15)

 

ハット・チケットには「5ドル」「15ドル」「年間パス」と3種類があり、事前に購入して山に向かう。有効期限はない。それぞれ相互性があり、たとえば一泊15ドルする山小屋に泊まるときは、5ドルチケット×3枚でも宿泊できる。購入場所は限られているが、どの町にもあるDOCオフィスやYHA、いくつかの観光案内所、登山用品店などが取り扱っている(DOCの取扱い業者一覧ページへ)。YHAメンバーならディスカウントもあるようだ。年間パスなら6ヶ月$92、12ヶ月$122から選択できる。

支払い方法はいたって簡単。山小屋に着いたらチケットの番号部分を切り取って、備え付けのボックスに投函するだけ。利用者を信用してのhonesty systemだから、モラルは守って利用しよう。

ハットに設置されたhonesty box。ここに半券を投函して支払いをする
ハットに設置されたhonesty box。ここに半券を投函して支払いをする

 

ただし、近年は人気のコースのハットはサービスド・ハットに指定され始めている(ちょっとズルい感じがする;)。
上述の通り、サービスド・ハットは事前にオンラインで予約&支払いをする必要があり、オンラインまたは現地のDOCオフィスなどで手続きをおこなう。ガイドブックに載る様な有名なトレッキングコースのハット(で、なおかつグレートウォーク以外のコース)なら、サービスド・ハットに指定されている可能性は高いだろう。DOCのオンラインブッキング専用ページから予約の必要なハットかどうか確認できる。

だけど、考えようによってはこの予約必須化の流れはありがたいかもしれない。早いもん勝ち制度だと当日行ってみるまでベッドがあるか分からないし、オンラインで空き状況を確認できるのは便利だ。オンライン予約方法は特に難しいことはなく、泊まりたい山小屋を選択し、予定している日付にまだ空きがあるかチェックし、クレジットカードで支払いをするだけだ。

ちなみに、バックカントリー・ハットのほとんどにはテント場も設置されており、値段はハット代の半分となっている。安く済ませるならテント場にテントを張って、ハットの設備をちゃっかり利用するという手もアリだ。

まとめると・・

サービスド・ハットのベッド。マットはついている。

 

このページの情報を箇条書きにまとめてみよう。

  • ニュージーランドのハットは4種類ある。一般的によく使うのは2と4だと思う。
  1. グレートウォーク・ハット:要予約/NZ$54-22
  2. バックカントリー・ハット(サービスド):多くは要予約/$15
  3. バックカントリー・ハット(スタンダード):予約不要/$5
  4. バックカントリー・ハット(ベーシック):予約不要・無料
    ※テント泊はハット代の半額
  • 予約&支払い方法は、
    1と、2の多くはオンラインブッキング、または現地DOCオフィスから。
    そのほか通常のバックカントリー・ハットはハットチケットを事前購入して山小屋で投函する。

次ページはグレートウォーク・ハットについて。合わせて読んでみよう。↓

ニュージーランドの山小屋(ハット)の泊まり方を徹底解説!!~グレートウォーク編~

ニュージーランドのトレッキングの魅力のひとつは、何と言っても山小屋(ハット)に泊まることだろう。NZには920ものハットがあり、歴史を感じさせてくれるもの、最新設備を持ったものなど、個性豊かなハットがたくさんある。それらを利用しながら大自然を満喫するの…

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

Return Top