NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

樹齢800年のカウリの巨木!ワークワース博物館とパリ―・カウリ・トラック

樹齢800年のカウリの巨木!ワークワース博物館とパリ―・カウリ・トラック

オークランドから日帰りで見に行けるカウリの巨木と言ったら、まず思い浮かぶのはワークワースという町にあるカウリだ。

ワークワース博物館という小さな町の博物館の隣に、樹齢800年とも言われるカウリの巨木が佇んでいる。嬉しいのは駐車場からすぐにアクセスできること。周囲の森を歩けるハイキングコースもある。どんな場所なのか、さっそく見に行ってみよう。

パリ―・カウリ・トラック (ワークワース)

Parry Kauri track (The Warkworth museum) 

  • 【レベル】初級
  • 【タイム】20分
  • 【距離】1km
  • 【標高】15m (ほぼ平坦)
  • 【みどころ】樹齢800年のカウリの巨木。コース上には若木もたくさん見られる。

オークランド近郊のパワースポットとしても以前紹介したワークワースのカウリ。

関連記事:樹齢800年のカウリの巨木に触れる。オークランド近郊のパワースポット

ワークワースにあるワークワース博物館の敷地内に樹齢800年とも言われるカウリの巨木がある。オークランド地域のカウリの巨木としては、ワイタケレ自然公園にある樹齢1000年のカウリが有名だが、どちらも見た僕としては、このワークワースのパリーカウリと名付けられたカウリの方が迫力があるように思う。

関連記事:【ワイタケレ自然公園】 樹齢1,000年!?カウリの巨木に出会う、オークランド・シティ・ウォーク

そのカウリのすぐ裏手からハイキングコースが伸びていて、周囲の森を散策できるようになっている。すべてボードウォークになっていて、博物館のついでに気軽に歩けるようなコースだ。カウリの若木がそこかしこにみられ、かつてのこの地域の森の様子を体験することができる。

ちょうど観光地のマタカナに行く途中に寄れる場所にあるので、マタカナ・マーケットやハニーセンターに行くついでに、見に行ってみよう。きっと思いがけない大きさに驚くはずだ。

カウリの巨木 ワークワース
カウリの巨木 ワークワース
カウリの巨木 ワークワース
ワークワースの樹齢800年のカウリ
カウリの巨木 ワークワース
parry kauri track ボードウォークになっていて歩きやすい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUT THE AUTHOR

園芸/造園/コラム外山みのる
ニュージーランド在住。20歳でNZワーホリ後、海外自転車旅や山小屋バイト等を経て再びNZへ。お仕事は園芸や造園、コラム執筆等。

コメントはこちら

*

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

[NZ この植物は何だろう?] 街中に降るコットン!? ふわふわ白い綿は誰の落し物?

[NZ この植物は何だろう?] 街中に降るコットン!? ふわふわ白い綿は誰の落し物?

ニュージーランドのオークランドでは、12月ごろになると街を歩くとこんなものがふわふわ漂っているのが目に入るようになった。拾い上げてみるとこーんなにたくさん(下の写真)!風に舞って、白い糸の塊がそこかしこに転がっている。 気になっていた方もい...
ニュージーランドでオーロラが見れる!?「サザン・ライツ」を探しに行こう!

ニュージーランドでオーロラが見れる!?「サザン・ライツ」を探しに行こう!

夜空に広がる光のカーテン、オーロラ。 この夜空の神秘はカナダやアラスカのような北極圏に近いエリアで見られるものとしてテレビなどでよく紹介されるけれど、実をいうと北極だけでなく南極でも見らる自然現象だとはあまり知られていない。 北極のそれは「...
い・・痛い!ニュージーランドの毒草・イラクサに触れてみた結果・・

い・・痛い!ニュージーランドの毒草・イラクサに触れてみた結果・・

ヘビも大型哺乳類もいないニュージーランドにはさぞかし危険のない平和な森が広がっているものだと思っていたけれど、調べていくうちに実はそうではないことが分かってきた。 特に植物には死亡例もあるほど、誤って触ったり食べたりすると毒になるものも結構...
Return Top