NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

NZで登山→温泉のセットで楽しめる貴重な山『テ・アロハ山』に登ってきた!

NZで登山→温泉のセットで楽しめる貴重な山『テ・アロハ山』に登ってきた!

ニュージーランドの北島、オークランドとロトルアの間にある温泉「テ・アロハ」。
ここはオークランド、ハミルトン、ロトルアから日帰り圏内にありながら素晴らしい温泉が楽しめるとして、現地の人だけでなく観光客にも人気がある。そしてここは同時に、しっかりした登山が楽しめる場所としてハイキング好きには有名なスポットだ。登山コースとなっているのは、「マウント・テ・アロハ」。ここでは952mからの眺望を楽しむ登山をご紹介しよう。

温泉の町、テ・アロハで登山へ!

オークランドからなら車で片道約2時間。ワイカト地域の広々とした牧草地と農地のパッチワークを抜けると、温泉で有名な町「テ・アロハ Te Aroha」が見えてくる。オークランドから日帰り圏内には、このテ・アロハを含めていくつか温泉地があるけれど、ハイキングと温泉をセットにできるのはオークランド広しといえどここ「テ・アロハ」だけだ。

温泉は大人気なので必ず事前(できれば一週間前)に予約をしたうえで、登山に出かけよう。

標高は1000m以下。でも最大6時間のしっかり原生林コース!

テ・アロハの街にあるその名も「マウント・テ・アロハ」。標高は952mながら(低いようだけど、これでもこのオークランドを含めてこの地域では最高峰の部類に入る高い山だ)、頂上からは地平線の彼方まで見えるような絶景が楽しめる。

コースは温泉施設「Te Aroha Mineral Spas」のすぐ裏手から始まる。頂上までのコース名は「Te Aroha Mountain Track」。基本的にはまっすぐ登り、まっすぐ降りてくる素直なコースだ。

テアロハ山のコース途中にあるwhakapipi lookout展望台。

 

登り始めて45分で、最初のポイント・Whakapipi Lookoutという展望台に到着(写真上)。
コースは原生林の保護区となっており、標高を上げるにつれて苔むした大木がそこかしこに見られるようになっていく。木の種類はタワ(Tawa)という葉の細い木が多いみたいだ。鳥も多く、僕が歩いた時は原生のハト・ケレルやファンテイル、鳴き声のきれいなグレイ・ウォーブラなど多くの鳥と会うことができた。

テ・アロハの原生林をひたすら登っていく
タワの優先する、この辺りでは典型的な植生の原生林。美しい。

 

僕は温泉に入る前のエクササイズ、という程度の意気込みで登り始めたのだけど、テ・アロハは標高約1000mの登りだけあって、しっかり登り続けるコースだった。要は、割とキツいのだ(苦笑)。標準コースタイムは5~6時間。その半分以上がひたすら登りになる。エクササイズどころか、しっかり準備をして心してかかった方がいいと思う。

テ・アロハのコースで記念撮影。

 

約3時間で頂上に到着(妻と2人で登ったので、少しゆっくりスピード)。登り始めたころは晴れていたけど、山のてっぺんはすっかりガスに覆われていた。春先でふもとは暖かかったのに、ガスの中は風が強くて寒い。昼食もそこそこに、すぐに下山となってしまった。

テ・アロハ頂上。電波塔がある。残念だけど、絶景は見られず・・
テ・アロハ頂上。電波塔がある。残念だけど、絶景は見られず・・
下山の代替ルート、ホースマンズ・トラック
下山の代替ルート、ホースマンズ・トラック

 

帰り道は、基本的に同じ道を戻るのだが、途中から「horseman track」という代替ルートを取ることもできる。まったく同じコースを歩くのも面白くないだろうから、谷沿いのこの道を選んで下ろう。どちらを選んでもゴール地点は同じ。温泉施設の真後ろに降りてくるので、その足で温泉に向かおう。

温泉の案内はこちらの記事からどうぞ!

NZ随一の美肌の湯!「テ・アロハ温泉」で登山と貸切風呂を満喫しよう!

火山活動が活発で温泉大国としても知られるニュージーランド。これまでもオークランド日帰り圏内の温泉を紹介してきたけれど、今回は3か所目にして「これ以上の泉質の温泉に出会うことはもうないんじゃないか・・」と思えるほど極上の温泉に巡り合ってしまった。その…

.

マウント・テ・アロハ登頂記録

マウント・テ・アロハ(952m)

【レベル】中級
【タイム】往復5~6時間
【距離】約18㎞(僕の実測)
【麓と頂上の標高差】914m(つまりほとんど海抜0状態から頂上を目指す)
【見どころ】頂上からの絶景!ふもとの天然温泉!


僕が実際に歩いた時のログはこちら。
地図左上の標高差をなぞると、どう動くかが分かるようになっているので参考にしてほしい。

DOC(NZ環境省)の案内ページはこちら

★その他のトレッキングコース案内はこちらから!

コメントはこちら

*

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

Return Top