NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

【ニュージーランドの蝶】 よく見かけるオレンジ色の蝶はなんて名前?+調べて分かった3つの発見

【ニュージーランドの蝶】 よく見かけるオレンジ色の蝶はなんて名前?+調べて分かった3つの発見

ニュージーランドでは夏に野外を歩いていると、オレンジ色のひときわ大きな蝶が飛んでいるのを目にすることができる。皆さんも、夏のニュージーランドで上の写真のような蝶を見たことはないだろうか?

12月に入ってこのオレンジの蝶を頻繁にみかけるようになり、気になったので調べてみた。すると予想以上に面白い事実がたくさん出てきたので、ここで3つに絞って紹介してみよう。
この記事を読めば、きっとニュージーランドでこのオレンジの蝶に出会うのが楽しみになるはずだ。

ニュージーランドの蝶「モナーク・バタフライ」

モナーク バタフライ 蝶 ニュージーランド monarch butterfly

Monarch Butterfly

 

ニュージーランドでよく見る大きなオレンジ色の蝶。
名前は、Monarch Butterfly モナーク・バタフライと言う。
monarch=君主、帝王などの意味があるので、そのまま意訳すれば”蝶の王様”といったところか。和名はオオカバマダラ。大きさは小さめのアゲハチョウくらいあって、街中でもハイキングコースでも見かけることができ、たいそうな名前の通り、派手でとーってもよく目立つ蝶だ。

モナークのヒミツ1.ニュージーランドで最も大きな蝶

何を隠そう、このモナークはニュージーランド最大の蝶とされる。

だだしこれにはすこし裏があって、ニュージーランドには全部でも26種類ほどしか蝶がいない。しかもその多くは固有種で、南島の山岳地帯などに生息する小さな蝶が多い。

もう少し掘り下げると、実はニュージーランドは蝶よりも「蛾の国」だとも言われている。26種類の蝶に比べて、蛾はなんと1,800種類以上!圧倒的に蛾の種類が多く、ニュージーランドの固有の花たちが軒並み白いのも、夜の闇でも目立って蛾に見つけてもらいやすいように進化したからだと言われてるくらいだ。

NZの花はなぜ白い!?花の色が教えてくれる、知られざるNZのヒミツ

太古のままの自然がのこるニュージーランド。最高峰のマウント・クック(3,724メートル、富士山と同じくらい)をはじめとする3000メートル級の高山地帯から、世界遺産ミルフォード・サウンドのような苔むした原生林の深い森、果てはタソック草に埋め尽くされた大草原…

………………….

モナークのヒミツ2.アメリカ大陸では国境を越えて旅する”渡り蝶”

子どもの頃、生き物特集の番組などで、アメリカからメキシコまで3000キロも旅する蝶の話を見聞きしたことはないだろうか?

実はモナークの主な生息地は北アメリカ大陸。彼らは数世代をかけてアメリカ⇔メキシコ間を往復する、渡り鳥ならぬ”渡り蝶”として知られている。

動画で見るとなぜ有名なのかよーく分かる。とにかく、すごい数!

モナークのヒミツ3.スワン・プラントを植えれば自宅にモナークがやってくる!

 swan plant スワン・プラント ニュージーランド

モナークのエサとなるスワンプラント。大きくなると小さなフウセンのようなタネ入りボールをこしらえる。

 

ニュージーランドの一般家庭の庭先で、上の写真のような植物をよく見かける。
僕がNZに移住した最初の年は

「この植物は何なんだろう?!特にきれいな花が咲くわけでもないし、なんで庭に植えているんだろう?」

と思っていたけど、モナークを調べてみてその謎がすっかり解けた。そう、これ、モナークの幼虫のエサとなる植物だったのだ。

名前はswan plant スワンプラント, 和名は「ふうせんとうわた(風声唐綿)」。

この植物をお庭に植えておけば、自宅にきれいなモナークがやってきてくれるというわけ。幼虫はこのスワンプラントの葉っぱを食べて成長し、その場でサナギになって美しい姿になって飛び立っていく。もしスワンプラントがあるお宅を見つけたら、声をかけてみたら話が盛り上がること間違いなしだ。

 

僕はニュージーランド生活も通算3年目に入るのに、いまだにこのモナークバタフライを見るとチョット幸福な気分になる。なにかラッキーをくれそうな気がするのだ。これって僕だけだろうか?(笑)
モナークバタフライについての記事は今後も続々とUPしていくので、どうかお付き合い願いたい。
モナーク記事をさらに読む↓

NZ園芸店での珍体験。モナーク・バタフライの餌となる植物を買って面白かった3つのこと

ニュージーランド最大の蝶、モナーク・バタフライ (Monarch Butterfly)。夏になるにつれて、オークランドの郊外などで、ふわふわと飛んでいるモナークを何度も見かけるようになってきた。モナークについてはこちらに詳しい ↓………..モナークについて調べてみる…
神秘的すぎる!モナーク・バタフライのさなぎを観察→目の前で羽化させる方法

ニュージーランドの最大の蝶として知られ、また最も身近な蝶でもある「モナーク・バタフライ(Monarch Butterfly : オオカバマダラ) 」。大空を飛ぶオレンジの蝶も美しいけれど、実はサナギのころも息をのむほど美しい姿をしている。僕は昨シーズン(2016年)は40匹以…
ついに撮れた!モナーク・バタフライの羽化をタイムラプス動画で観てみよう!!

『モナーク・バタフライを自宅に呼ぼう!』のプロジェクトを始めて1年目、これまで様々な視点からモナークバタフライの記事をかいてきた。オークランドの自宅の庭に餌となる「スワンプラント」を植えるところから始めて、一年目は40匹もの幼虫たちを育てることができ…

COMMENTS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 2 )

No commented yet.

  1. […] 私のこの蝶の知識では、子供に負けちゃう…と思うくらい、子供達は毎日蝶を育てながら学んでいたので、自分も少し調べてみたりして、このありがたいリンクに助けてもらいました。子供の興味のお陰で私も多少の知識が付き、同等に話についていけるようになったわけです。 […]

  2. […] 私のこの蝶の知識では、子供に負けちゃう…と思うくらい、子供達は毎日蝶を育てながら学んでいたので、自分も少し調べてみたりして、このありがたいリンクに助けてもらいました。子供の興味のお陰で私も多少の知識が付き、同等に話についていけるようになったわけです。 […]

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

Return Top