NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

キーウィやカカポってどんな意味?NZの鳥をオンライン・マオリ語辞典で検索!

キーウィやカカポってどんな意味?NZの鳥をオンライン・マオリ語辞典で検索!

ニュージーランドの鳥たちの名前を覚えるのは、ほかの国とは違ってチョット苦労することが多い。その理由は多くの名前にマオリ語が使われているからだ。

例えば「キーウィ」、「カカポ」はまだ覚えやすいとしても、「ティエケ」、「カカリキ」、「ティティポウナム」なんて出てくると、初めて接する人にはかなり覚えにくい。

そこで、オンラインのマオリ語辞典をつかって、マオリ語の意味を調べてみることをおススメしたい。このページでは、便利なオンライン・マオリ語辞典の紹介しつつ、ニュージーランドのよく知られた鳥たちの名の意味に迫ってみよう。

オンラインのマオリ語辞典が便利!

まずこの記事で書いておきたいのは、オンラインのマオリ語辞典の存在だ。

オンライン・マオリ語辞典のトップページ
オンライン・マオリ語辞典のトップページ

無料で使える信頼できるマオリ語辞典で、グーグルみたいに文字を入力して検索するだけで、その文字が持つ意味が例文とともに詳しく表示される。この記事の最後にリンクを貼っておくので、一通り読んだら実際に使ってみてほしい。

例えば、ニュージーランドの飛べないオウム「カカポ」。
これは辞書で索すると、KAKA=オウム、PO=夜・闇、などとなっており、つまり「夜行性のオウム」を意味する言葉だとわかる。

こんな感じで、すべてのニュージーランドの鳥や植物のマオリ語名を検索できる。うまく検索結果が出なかったら、上のカカポの例のように、ワードを区切って検索してみるといい。意味を知ってみると、ただの暗号のような言葉もずいぶんと身近に感じるようになるはずだ。

マオリ語の鳥の名の意味は?

ニュージーランドのすべての鳥には英語名に並んでマオリ語がつけられているが、マオリ語の名の由来は、その鳥の鳴き声や羽の色、行動パターンに由来するものがほとんどだ。(もちろん、発見者の名前がついたりはしない・・。)

例として、冒頭に挙げたマオリ語の鳥たちを見てみよう。

ティエケ(サドルバック) photo by Flicker

キーウィ、ティエケ(saddleback/セアカホオダレムクドリ)の名は、どちらも特徴的な甲高い鳴き声から取られたもの。

ティティポウナム(Rifleman) photo by Flicker

そして、ティティポウナムはニュージーランド最小の鳥ライフルマン(Rifleman/ミドリイワサザイ)のことで、意味を調べてみると、titi=鳥のさえずりチチチ・・という音から、pounamu=グリーンストン(翡翠)で、これは緑色の羽から翡翠を連想したものだとわかる。

こうしてマオリ語の名前も最小単位に区切って調べてみると、「なるほど!」と思えるものが多い。NZの鳥の名前の一覧や由来は、また別の機会に記事にしてみよう。

オンライン・マオリ語辞典はこちら。スマホアプリも!

Maori Dictionary (http://maoridictionary.co.nz/)

iphone、androidに対応したスマホアプリもあるので、アプリストアで「maori Dictionary」と検索をかけてみよう。

もちろん、ニュージーランドの鳥だけでなく、植物や、地名にも使える。オンライン辞典を便利に使って、ニュージーランドをもっと身近に感じてみてほしい。

ABOUT THE AUTHOR

園芸/造園/個人ガイド/コラム外山みのる
ニュージーランド(オークランド)在住。20歳でNZワーホリ後、海外自転車旅や山小屋バイト等を経て再びNZへ。移住を目指して家族で奮闘中。お仕事は園芸や造園、個人ガイド、コラム執筆。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

Return Top