NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

【オークランドでトレッキング】  ビーチが美しいオマナ自然公園

【オークランドでトレッキング】 ビーチが美しいオマナ自然公園

オークランドには26もの自然公園(regional park)がある。その一つ一つを実際に訪ねて歩いてレポートしようというのが、この【オークランドでトレッキング】シリーズ。

今回は西海岸側にある、オマナ自然公園(Omana Regional Park)をご紹介しよう。ビーチがきれいで、キャンプもできる、いつでもふらりと遊びに行けるような気持ちのいい自然公園だ。

オマナ自然公園(Omana Regional Park)

オマナ自然公園(Omana Regional Park)

【レベル】初級
【タイム】1時間
【距離】6km
【コース内標高差】わずか40m
【みどころ】コックルも採れるビーチ、有料キャンプ場

オークランドからは車で南東に40㎞ほどで、1時間もかからずに着けるオマナ自然公園。季節は初夏のある日、僕はオマナ周辺にあるイチゴ狩りとビーチ散策をするために、週末を使って出かけることにした。

 

p_20161203_134315

いきなり余談になってしまうが、オマナ自然公園にも近いイチゴ狩り施設「Clevedon Strawberries」はちょっとがっかりだった。日本人の感覚でイチゴ狩りというと、先に入場料を払ってあとは食べ放題、というのがふつうだけど、ニュージーランドのイチゴ狩りはあと払い。つまり取った分だけ計量して支払をする仕組みになっている。ご丁寧に「収穫中は食べちゃダメだよ」と監視員までついていた。これで安ければ文句はないが、そう安いわけでもない。つまるところ結局、
「収穫を手伝った挙句、しかも支払うの・・?」
という気分になってしまう。もし家が近ければ、スーパーで買わずにイチゴ狩りに来てもいいけど、わざわざ行く所じゃないようだ。これはもう行くことないだろうなぁと思いながらイチゴ狩りを終え、目的地・オマナに向った。

オマナ自然公園でハイキング

p_20161203_154517_hdr
オマナ自然公園。展望台からの素晴らしい眺め!

 

オマナはビーチが美しい。
潮が引くとかなり広い砂地が現れ、やはりというかコックルというアサリのような貝がたくさん捕れた。ビーチの後ろには無料のBBQ台もある芝生エリアがあって、ポフツカワの大木がいい木陰をくれる。僕が行ったときも、たくんさんの人たちが簡易テントをだしてくつろいでいた。

関連記事:ニュージーランドで潮干狩り?!ピピ・コックルはアサリのように美味しい。

オマナ自然公園 オークランド omana regional park
オマナ自然公園。珍しい黄色のポフツカワもあった

 

敷地内を一周できるハイキングコースがあって、Perimeter Walkと名がついている。一周は約1時間。ビーチから始まって、森やマングローブの林を歩き、最後に牧草地に入って丘の上の展望台で絶景が楽しめる。

オマナ自然公園 オークランド omana regional park
羊もたくさんいる。展望台付近にて。

 

オマナはその敷地のほとんどが牧草地になっていて、羊たちもたくさん歩いている。僕が展望台に登った時は、展望台の中にも羊たちがいて驚いた。ちょうど木陰になっているから、暑さをしのぐためにいたんだろう。「お休みのところ、申し訳ない!」と思いつつズカズカと展望台に押入り、驚いた羊たちはしょうがないなと重い腰をあげ、日向の草地に走って行った。展望台からの眺めは、かなりいい。遠くランギトト島が見え、海と空の青さが目にしみるようだ。

オマナ自然公園 オークランド omana regional park
オマナ自然公園のキャンプ場。広々とした芝生が広がり、水やトイレもある。

 

キャンプ場もあるということでその下見も兼ねていたが、実際見てみると、僕だったらわざわざテントを張りにはこないかな、というロケーションだった。目の前は海だが、崖になっていて降りられないのだ。海で泳ごうと思ったら15分歩いてビーチまで降りるほかない。ちょっと惜しい感じがするが、近くに住んでいる人にとってはいい遊び場なんだろう。

このオマナ自然公園の周辺には、ほかの自然公園がいくつか固まっている。次回は、オマナのすぐお隣にあるドューダー自然公園あたりをレポートしてみようと思う。

コメントはこちら

*

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

Return Top