NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

【オークランドの自然公園】 大滝とダム湖を巡るフヌア自然公園トレッキング!

【オークランドの自然公園】 大滝とダム湖を巡るフヌア自然公園トレッキング!

オークランドには26もの自然公園(Regional Park)がある。それぞれに特徴的な景色やトレッキングコースがあって素晴らしい山歩きが楽しめるものの、日本人旅行者にはまだまだ知られていない自然公園も多い。

そこで、これらを一つ一つ実際に歩いてみて、レポートしようというのが【オークランドの自然公園】シリーズ。

今回はフヌア自然公園(Hunua Regional Park)をご紹介しよう。ここの目玉はなんといっても落差30メートルのフヌア大滝!さらに3つのダム湖を中心に、いくつものトレッキングコースが張り巡らされているオークランド屈指の自然公園となっている。

フヌア自然公園へ!

フヌア自然公園(Hunua Regional Park)は、オークランドの南部にあって車で約50分。
オークンド地域最高峰(といっても600メートルくらい)も有する山地なので周囲はあまり開発されておらず、高速1号線を降りてからの道中は動物園かと思うほど家畜がたくさん見られる。都市部に近いとは思えないほど実にほのぼのとしたエリアだ。

落差30mのフヌア大滝

Hunua Fall - hunua Regional Park
Hunua Fall – hunua Regional Park

 

イチバンの見どころはオークランド地域最大級のフヌア大滝。その落差はなんと30メートルもある!
滝壺もとても大きくて、夏になれば多くの若者が”天然のプール”を泳ぎにやってくる。ちなみにフヌア大滝はカーパークから徒歩5分。オークランドの自然公園おなじみの”フォトフレーム”もあって、滝の周辺はいい記念撮影スポットになっている。

大滝からダム湖へ向かうトレッキング

フヌアの湖
フヌアの湖

フヌア自然公園は敷地が大きく、3つの大きなダム湖がある。ちなみにこれらはオークランド市民の水がめの一つだ。3つの湖のうち、もっとも北側にあるCosseyダムを目指す周遊コースは手頃で人気がある。

『Cossey & Massey Track』というコースで、所要時間は約3時間。多少の上り下りはあるものの、日本で山歩きを少しでもやったことがある人ならまったく問題ないレベルだろう。初心者でもいい運動とおもえば大丈夫だ。木性シダやヤシの木が生い茂る、ニュージーランドらしい森を気持ちよく歩ける。

カハカハ フヌア 滝
kahakaha – Hunua Regional park

(うっそうとした森には、以前にも紹介した「カハカハ」もたくさん!)

ちょうどコースの真ん中あたりにひときわ大きなカウリの大木もある。ご丁寧に木の前にベンチが設置してあるので一休みしよう。耳を澄ませていると、カワセミ、ツイ、グレイウォーブラ、ファンテイルなどのNZ固有の鳥たちの鳴き声が聞こえてくる。

カウリの大木 フヌア
カウリの大木

ハイライトはもちろん美しいダム湖。山の上から見ると、穏やかな湖畔の景色に風が気持ちいい。森の中の時間の流れはゆったりとしていて、つかの間、時間を忘れてリラックス。来てよかったなぁと思える瞬間だ。

フヌア自然公園のハイキング情報

地図左上の標高図をなぞると、どこで山場があるかなどが分かる。コース名を押せばさらに細かい情報も得られる。コセイ&マセイトラックは、トータル8km、所要時間は3時間。標高は最高地点でも350mくらいだ。

 

最後に、ざっくりフヌア全体のコース選択を解説すると・・

  • 初級の方:フヌア大滝散策。駐車場から徒歩5分。
  • 中級の方:もう少し歩きたいという方は今回紹介したコセイ&マセイコースのループコース、3時間の山歩き。
  • 上級の方:テント場が山の中にいくつもあるので、オークランド最高峰を目指したい方はキャンプ道具を背負って歩く本格的なトレッキングもできる。

フヌアは日本人にはあまり知られてないが、僕としては西のワイタケレ自然公園、北のシェークスピア自然公園と並んで、”オークランド近郊の三大自然公園”の一つにしたいくらい素晴らしい場所だと思う。お時間が許せば、ぜひ足を運んでみよう。参考:オークランド公式ページ「Hunua Ranges」マップもDLできる。
hunua-hiking-map

ABOUT THE AUTHOR

園芸/造園/個人ガイド/コラム外山みのる
ニュージーランド(オークランド)在住。20歳でNZワーホリ後、海外自転車旅や山小屋バイト等を経て再びNZへ。移住を目指して家族で奮闘中。お仕事は園芸や造園、個人ガイド、コラム執筆。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

Return Top