NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

これはレア!黄色い花を咲かせるポフツカワ(クリスマスツリー)

これはレア!黄色い花を咲かせるポフツカワ(クリスマスツリー)

日本で桜と言えば春を連想し、すすきといえば秋を連想するように、ニュージーランドではポフツカワという花をもって夏を連想する。11月~1月ごろに真っ赤な花を木いっぱいに咲かせるので、別名「クリスマスツリー」なんて呼ばれ方もするポフツカワ。NZの夏の象徴、まさに国民的なお花だ。

pohutukawa ニュージーランド クリスマス ツリー ポフツカワ pohutukawa
満開のポフツカワ、クリスマスツリー

 

しかし、実は花の色は赤だけじゃない。
12月上旬のある日、トレッキングをしていたら、偶然にも黄色いポフツカワを見つけることができた。今日はそんな珍しいポフツカワを紹介してみよう!

これは珍しい!黄色いポフツカワが咲いていた

僕が黄色いポフツカワを見つけた場所は、オークランドから車で40分くらいのオマナ自然公園(Omana Regional Park)。海沿いにビーチやキャンプ場を持つ広々とした森林公園のようなところだ。

【オークランドでトレッキング】 ビーチが美しいオマナ自然公園

オークランドには26もの自然公園(regional park)がある。その一つ一つを実際に訪ねて歩いてレポートしようというのが、この【オークランドでトレッキング】シリーズ。今回は西海岸側にある、オマナ自然公園(Omana Regional Park)をご紹介しよう。ビーチがきれい…

海に面した牧草地に、真っ赤なポフツカワに交じって咲く黄色の花。原色同士のコントラストはものすごく人目を引いた。しかも、赤と黄色のポフツカワが隣同士に並んでいる。なんて珍しい光景なんだろう!

aurea yellow 黄色い ポフツカワ クリスマスツリー ニュージーランド
黄色いポフツカワ「Aurea」
aurea yellow 黄色い ポフツカワ クリスマスツリー ニュージーランド
赤と黄色のコントラストが見事!

黄色いポフツカワは「Aurea」というレア品種

aurea yellow 黄色い ポフツカワ クリスマスツリー ニュージーランド
黄色いポフツカワ

 

家に帰ってさっそく調べてみると、この黄色いポフツカワはやはり貴重な品種のようだ。

「アレア Aurea」という品種で、通常は見た目そのままに「イエロー・ポフツカワ」と呼ばれている。

1940年にベイ・オブ・アイランズのMotiti島という島で偶然に2本の黄色いポフツカワが発見され、そのたった2本をベースにして園芸品種として量産されて現在にいたっている。

ただ、やはり真夏のポフツカワと言えば燃えるような赤というイメージが強いおかげか、黄色いポフツカワはあまり人気がなく、いまだに珍しい存在のままでいるみたいだ。赤と黄色を交互に植えたらきっとキレイだと思うんだけど・・そんな場面を見つけたら、またレポートしてみたい。

ニュージーランドのクリスマスツリー「ポフツカワ」を詳しく解説!

12月にもなると、街中、職場、公園、家の中、ありとあらゆる場所がクリスマス一色になるニュージーランド。みんなクリスマスを心待ちにしているのが、どこを歩いても手に取るようにわかる楽しい季節だ。さて、そんな真夏のニュージーランドを象徴する木として知られ…

コメントはこちら

*

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

Return Top